あれから5年経ちました。

Mental Disorder
08 /12 2017
 曇りがちで、時々薄日が射す蒸し暑い日ですが、本日は、久々に公園を散策してのんびりした一日を過ごしました。

 木々から、うるさく鳴き響くセミの声は、5年前のうつによる休職期を思い出させます。

 あの頃は、図書館で見つけた、精神疾病に関する本を公園で読んでいた時でした、そして、治療の1つとして、患者自らが、病識を持つことを勧める記載がありました。

 ちょうど、重い鬱期が明け、ようやく思考が回復に入り始めた時でしたので、何でこんなことになったのか、少しずつ疑問を持ち始めた頃でした。

 病識を持つという、その言葉は、何かをしたい、しなければ、という筆者の焦りを緩和させるものだったろうと思います。

 復職はまだ無理と思いつつも、徐々に時間を持て余し始めた時期でしたので、図書館で、双極性障害、それから精神疾病に関する書籍を借り、セミがうるさく鳴く公園で読みました。

 あの頃は、まだ、人込みが怖い時期でしたので、長く図書館にはいられないという事情もあり、ひと気の少ない公園を探しては、そこのベンチに座って、書籍を読んだものです。

 あれから5年、筆者は少しは変わったのか、そして変わったのなら、どう変わったのか、少なくとも病識はだいぶ身に付いたように思います。

 「鬱を治すということは、元に戻ることではない、新しく生まれ直す“第2の誕生”」という記事を、あるサイトで、あの頃、読みました。

 果たして、筆者は生まれ直せたか、今は、まだ、答えを出すことはできません。ひょっとしたら、今、まさに生まれ直しているのかもしれません。

 というのも、未だにデイケアの土曜スクールに通い続けているわけでして。そう考えると、やっぱり、今、まさに生まれ直しているのかもしれませんね。

 別段、治ることにこだわっているわけではありませんが、やはり再発は怖いもの。生まれ直す、それが実感できたとき、筆者は再発の怖れもなくなった、治ったと実感できるのかもしれません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

生まれ直す

おはようございます。

生まれ直す事が病気との決別なんですね。
自分はまだまだかもしれません。
どうやったら生まれ直す事が出来るのか…
これからが大切ですね。

ポチ☆

Re: 生まれ直す

おはようございます。kaionさん
生まれ直しは、私にとっても今後の1つの課題です。
その領域に達することが出来れば、と切に願っています。

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。