船は大海原を進む

Mental Disorder
12 /30 2012
 今年最後のUPをしたいと思います。

 内容は双極性障害などの精神疾患に関することなので、Star Warsファンの方には少々向かない話ですが、もし退屈しのぎになるのであれば、是非ご一読いただければ幸いです。

 2年前になりますが、2010年9月21日にPress Releaseとして日本イーライリリー株式会社が、『「そううつ病(双極性障害)」に関する全国1,270人の市民を対象にインターネット調査』を発表しました。極めて残念な話ですが、双極性障害をはじめとする精神疾患が、いまだ世間に認識されていないことが分かります。

 ですが、こんなところでぐちぐちと言っても、世間の認識が急に変わるわけでもないし、このブログを訪れている方には、是非知ってほしい、全く別の視点から精神疾患というものを捉えてみようと思います。

 この考えは芝伸太郎著作の「日本人といううつ病(1999.人文書院)」に基づくものであり、非常にいい解釈だと思いました。

 まず、〝大海原〟を世間や社会、そして〝大海原〟を進む〝船舶〟が世間や社会を生きる人に、それぞれ例えます。大海原は、天気が良い限り、平穏であり、そこを進む〝船舶〟もまた何事もなく無事にすすんでいけます。しかし〝大海原は常に変化しますので、「嵐」が訪れたり「高波」が訪れたりします。

 〝船舶〟がそのような事に遭遇すれば、転覆の危機にさらされます。しかし、その〝船舶〟が大型で「嵐」や「高波」をゆうゆうと乗り越えられるものであれば、簡単に切り抜けられるでしょう。しかし、平穏と見える〝大海原〟に浅い「岩礁」があれば、大型の船舶はうまく避けられず、岩礁にぶつかり転覆してしまうかもしれません。むしろ小回りの利く小型の〝船舶〟の方が有利です。

この「嵐」であったり「高波」であったり「岩礁」が、いわば、社会生活や世間にある、あらゆる好ましくない出来事、自然災害であったり、犯罪に巻き込まれることであったり、社会生活のストレスに耐えられなくなったりをあらわします。そして、転覆という出来事が、精神疾患であれば、病気の発症、たとえばうつ病による休職などであったりするわけです。

 しかし、転覆がすなわち、人生の終わりであったりすることではなく、いわば挫折です。うつ病なり、双極性障害なりで、一時的に〝船舶〟での航海を断念せざろう得ない状況であっても、再び〝大海原〟漕ぎ出せばいいだけなんです。

 もちろん、大型の〝船舶〟として岩礁に近づかないという方法もとれます。しかし、いくらなんでも、永久に大海原を進み続けるのは如何なものでしょうか。時には接岸し休息することも必要でしょう。燃料も補給しなければなりませんよね。永久に動き続けることができれば、それは理想ですが、そんなありもしない理想論を掲げても仕方のないことです。

 何が言いたいかというと、単純に〝大海原〟を〝船舶〟で進むことに関して、例えば、大きさ、用途、エンジンの大きさ等々で、様々な〝船舶〟があるということ、これが、つまりは人間が身体的に精神的に持つ、それぞれの個性ではないかということです。

 大海原は、社会が刻一刻と変化するように、同じく刻一刻と変化します。昔は「天才」と称された人が、今の時代にあって「病人」と扱われるのも、その時々の社会情勢による変化であり、その時代であるが故、ということも言えるわけです。

 画家のゴッホは、その時代において適切な治療を受けることもままならないまま自殺しましたが、皮肉にも彼の死後に画家としての偉業が認められました。黒人解放を成し遂げた政治家リンカーンは、その時代にあって偉業をなしとげ、今もなお語り継がれていきます。

 かれらが持つ、それぞれの個性は、やはり時に、その社会情勢という〝大海原〟の只中と相まって、時に不遇な時代を過ごしました。しかし、彼らが「双極性障害」という精神疾患を持っていた、そのことのみで、彼らの偉業を否定されないと思います。

 つまりは、精神疾患も人間の持つ1つの個性であり、彼らを取り巻く社会情勢に中で、運悪く「病人」であったり「天才」であったりするのしょう。

 まあ、こんなことを書くのもいささか気が引けるのですが、精神疾患とは、ある意味、個性の一つの極をなし、そのような境地を持つが故、それを克服した時、その時代、あるいは後世に語り継がれる何かを残すのかもしれません。

 いま、双極性障害をはじめとする様々な精神疾患に苦しみながらも、それを前向きにとらえ、己の個性と捉え、また、世間もまた、それも多様性の中にある一つの個性と受け取ってもらえれば、差別は多少は少なくなると思います。

 もちろん、人によっては多様性など不要、ある程度の枠の中で社会はあるべきと考える人もいるかもしれません。多様性のない社会では、かつての社会主義などのように一様なものであり、競争はなくなるでしょう。しかし、競争のない一様な社会にどれほどの魅力や活気があるのでしょうか。おそらくはないと思います。いずれ社会は衰退し、崩壊していくことでしょう。

 これは先ほどの〝大海原〟進む〝船舶〟でも同じことがいえます。多様性がなかったとしたら、全ての個体が一様のものであったとしたら、〝大海原〟を進む船舶が一様に大型だけだとしたら、たとえ「嵐」を乗り越えられたとしても「岩礁」で多くの、もしかしたらすべての〝船舶〟が転覆してしまうかもしれません。それは、社会の衰退や崩壊にあたると思います。

 私は「双極性障害」を患いながらもいずれは克服し、その多様性の一端を担うものとして誇りを持って生きていければ、と思います。

 ここまで長々と書いたこの文章を読んでいただいた方には深く感謝いたします。

 来年こそは復職を果たし、社会という荒波に再び船を漕ぎ出せれば、と思います。

スポンサーサイト

Star Warsと双極性障害 第2章 〝その1〟

Star wars
12 /29 2012
A long time ago in a galaxy far,
far away…




Palpatine:Did you ever hear the tragedy of Darth Plagueis the Wise?

Anakin Skywalker:No

Palpatine:I thought not. 
              It’s not a story the Jedi would tell you.  
              It’s a Sith legend.  
              Darth Plagueis was a dark lord of the sith… 
              so powerful and so wise…  
              he could use the Force to influence the midi-chlorians…  
              to create... life. 
              He had such knowledge of the dark side…  
              he could even keep the ones he cared about…  
              from dying.

Anakin Skywalker:He could actually…save people from death?

Palpatine:The dark side of the Force is a pathway to many abilities…  
             some consider to be unnatural.

Anakin Skywalker:What happened to him?

Palpatine:He became so powerful…  
             the only thing he was afraid of was… 
             losing his power.  
             Which eventually, of course he did.  
             Unfortunately, he taught his apprentice everything he knew.  
             Then his apprentice killed him in his sleep.  
             It’s ironic.  
             He could save others from death…  
             but not himself.

Anakin Skywalker:Is it possible to learn this power?

Palpatine:Not from a Jedi.

(賢者Darth Plagueisを語るPalpatine)

 のっけから非常に長い一節をご紹介しましたが、重要なのは、このPalpatineが語る賢者Darth PlagueisこそがAnakin出生の謎を紐解くものです。

(あまりに長いので〝その1〟〝その2〟に分けます。)

 下の〝その2〟を引き続きお読みください。

Star Warsと双極性障害 第2章 〝その2〟

Star wars
12 /28 2012
 Palpatine議長、セリフ長過ぎ!




 今回は〝その1〟〝その2〟に分けることにしました。〝その1〟から読んでくださいね。

 Anakin Skywalkerの父親は誰か? EpisodeⅠを見たStar Warsファンにとって、誰もが解き明かしたい謎でした。EpaisodeⅡに何らかのヒントがあるに違いないと誰もが思ったことでしょう。しかし、残念ながらEpisodeⅡではヒントとなるようなものは一切ありませんでした。

 そして誰もが注目したのがEpisodeⅢでした。筆者はEpisodeⅢで語られるであろうAnakinの父親は、EpisodeⅣ,Ⅴ,Ⅵを全体から検証した結果、当初はPalpatine=Darth Sidiousが父親ではないかと疑っていました。そしてForceのDark Sideに引きずり込むため、EpisodeⅤの衝撃的シーン“I...am your farther”と名乗るのではないかと。

 しかし、映画公開前に原作を読み、そして映画を見た時、予想だにしない驚くべき事実として、Anakinの父親が判明しました。

 多くのStar Warsファンが支持するAnakin、それは賢者と讃えられたSithのDark Lord、Darth Plagueisのmidi-chorians操作によって錬成(と呼称します)された人間であり、事実上の父親は存在しないということです。

 もちろん、Star Warsファンの多く(一部かもしれない)は、Darth PlagueisこそがAnakinの父親と呼ぶべき...と提唱するかもしれませんが、筆者は、これには異論があります。

 例えば不妊治療の一環として、人工授精した卵子を母親の胎内に戻した医者は、その子の父親と言えるでしょうか。いえ、父親はあくまでも母親の伴侶であり、たとえ無精子症などで精子の提供ができない場合でも、法律上は伴侶が父親です。最もこの考えは、あくまで天の川銀河の端っこにある小さな惑星『地球』上でしか通用しない話であり、大昔の遠い遠い銀河、あるいはSithの掟では、医者を父親とする決まりがあるかもしれませんが(笑)

 さて、父親が不在という結論がでることにより、なぜAnakinが双極性障害の発症因子を持つに至ったかがますます分からなくなってきました。

 筆者はこの謎を解明すべく、ForeceのDark sideとGood side(Bright sideもしくはLight sideなど様々な呼び方が提唱されているが、George Lucas氏は取材の中でこのように述べていた。今回はこの表現を採用します)について、midi-choriansとの関連性とは、全く別の視点からアプローチしてみたいと思います。

 この検証は、来年アップ予定の第3章で行っていきましょう。

 それでは

『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)

 なお、今回使用した画像はWikiaのWookieepedia(ウーキーペディア)日本語版より引用しました。
 原著作者(画像提供者)は、各写真の右下に記載してあります。

ちょっとお茶 Part2

日常から
12 /24 2012
Forceに異変を感じる。
新しいForceが出現したようだ。

って感じのことが、EP5にあったような…

Forceの異変という訳ではないが、個人的なトラブルが発生してしまった。

実は、今日にでも「Star Warsと双極性障害」の第2章をアップする予定だったのだが、できなくなってしまった。いちおう、途中まで原稿は書き上がったので、年内にはアップしようと思う。

ということで

『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)

Star Warsと双極性障害 第1章

Star wars
12 /17 2012
A long time ago in a galaxy far,
far away…


star wars logo


Qui-Gon Jinn:The force is unusually strong with him. 
             That much is clear. Who is his father?

Shmi Skywalker:There was no father.
              I carried him, I gave birth, I raised him.
              I can’t explain what happened.


(EpisodeⅠ anakinの出生の謎より)




 砂漠の惑星Tatooineで、運命的な出会いを果たしたQui-Gon Jinn、まさに映画のタイトル通り、『全てはこの出会いから物語は始まった』のです。

 Anakinの出生の謎は、双極性障害ということを絡めなくとも、Star Warsファンであれば解き明かしたい命題です。Star Warsの産みの親であるGeorge Lucas氏は、Anakin出生の謎に関して、特に考えていないと言っていましたが、実際のところはどうなのでしょうか。

 この謎を解明しないことには、Anakinと双極性障害の関連性を見出す糸口は掴めません。そこで、George Lucas氏の言はとりあえず置いときましょう。

 では、まずShmiがQui-Gonに語ったように、何らかの偶発的事象でShmiはAnakinを身籠った、という仮説を立ててみましょう。当然ながら、Shmiないし、その先祖が双極性障害の遺伝子を持っていた可能性が伺えます。


Shmi Skywalker Lars(「スター・ウォーズの鉄人!」より転載)
Anakinとの別れの後、Cliegg Larsの妻となり、幸せな人生を歩み始めたはずが...
その最期はあまりにも悲劇的なものでなった...
しかし、成人したAnakinに看取られての最期はShmiにとって幸せなものであったと思いたい。



 しかし、残念ながら、Shmi以前のSkywalker家については何も語られていません。また、祖はShmiが最初となっているようですので、Shmi以前についての検証は除外しましょう。

 次に考えられるのがShmiが双極性障害、ないし気分循環障害を持っていた可能性です。

 しかし、砂漠の惑星Tatooineという過酷な環境下において、しかも奴隷という身分であったShmiが、そのような遺伝子を抱え込んだまま、発症もせずに生きながらえることは可能でしょうか。相当程度のストレス下において、これはかなり難しいと思います。まあ、もちろん内因性要因の大きい双極性障害が、どういう運命のいたずらか、Shmiには発現しなかったという可能性もなくはないですが。

 少なくともShmiが双極性障害の遺伝子を持っていた可能性は低いと考えるのが妥当でしょう。ということは、やはり父親がAnakinの双極性障害の発症因子を与えたと考えるべきだと思います。

 では、いったい父親は誰なのか...について、多くのStar Warsファンが注目したのはEpisodeⅢでした。実は、ここに謎を解明するあるシーンがあったのです。

 私見ではありますが、George Lucas氏はEpisodeⅢ公開前に、Star Warsファンによってストーリーが(ほぼ完全にと言っても差し支えないほど)推測されてしまったため、少しへそを曲げてしまい、「Anakinの父親の設定はない!」としてしまったかも!? という前提に基づき、次章で、Ankinの父親についての検証を述べていきたいと思います。

 それと、非常にマニアックな話になりますが、EpisodeⅠでGeorge Lucas氏はE・Tを登場させていたのは御存知でしょうか。マニアならば、おそらくは知っておいででしょうと思います。ネタバレさせるのもなんですので、どこのシーンなのかは書かないでおきますね。

 今回の掲載したものは「Star Warsと双極性障害 序章」から読んでいただけますようお願いしますね。(きっと、その方がきっと面白いと思いますので)

それでは
『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)

〝Darth Ruin〟襲名秘話

ブログ説明
12 /14 2012
 先日、いろいろ思うところがあってブログ名を変え、プロフィールも更新しましたが、なぜ、〝Darth Ruin〟という別名を付けたのかを少し語りたいと思います。まあ、Star Warsファンでなければ少し退屈な内容になりますが。

 当初は、〝Darth Venom〟という別名にする予定でした。Venomは英語で猛毒という意味です。

 SithのDark Lordにはふさわしく、また、Darth Vaderに近しいものを感じた(Forceを操る者にとって、この直観力がとても大切です)からです。

 ですが、以前、Star Warsのファンサイトで、〝Darth Venom〟という名前がかぶったという忌まわしい事態が生じました。いえ、どちらが悪いというわけではありません。一人は日本語で「ダース・ベノム」というハンドルネームを使い、私は「ダース・ヴェノム」というハンドルネームを使いました。「べ」と「ヴェ」は確かに違いますが、英語の〝Venom〟をもじったことは明らかです。いずれ、衝突するであろうことは予想できました。このまま、このハンドルネームを使っていいのだろうかと思いました。何よりファンの集う掲示板を炎上させるわけにはいきません。どちらがさきかという話で押し通すこともできましたが、その時は「ダース・ベノム」殿に勝手に譲ることにしたのです。

 さて、ではどういう名前がいいかなと考えていたところ、破滅を意味する〝Ruin〟という言葉を見つけました。これだ、この名前こそ…何より、シスの2人の掟を創ったSithのDark Lord〝Darth Bane〟に近しい響きがある!と思い、〝Darth Ruin〟を名乗ることにしたのです。オリジナルのSith名を名乗ることができた!と狂喜しました。

 が、数日後に、実は〝Darth Ruin〟というSithがいたことが判明しました。( ̄Д ̄;) ガーン


       
 絵は左が
「Wookieepedia」のDarth Ruin右が「スターウォーズの鉄人!」のダースルインよりそれぞれ転載しました。


 詳細は「スターウォーズの鉄人!」というサイトの〝Darth Ruin〟の部分を読んで下さいね。

 すでに原作で登場しているのであれば、Star Warsのコアなファンとしては、2代目〝Darth Ruin〟襲名と岩座ろう得なくなりました。関する何らかの背景が必要、と思いました。そしてこれは啓示だと!

 そこで、まことに勝手なお話ですが、どうかよろしくお願いします。

 なお、襲名秘話に関する襲名秘話 -後編- はやめます。

 なんか恥ずかしくなったので。
『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)

ブログ名の変更

ブログ説明
12 /13 2012
ブログ名を『真太刀魚のつぶやき』から『〝Darth Ruin〟は語る・・・』に変更しました。

今までのブログ名に対し、最近、しっくりとこない気がしてきたんです。

Star Warsのコアなファンとしては、『「Star Wars」の7作目を作成』というニュースに、かなり興奮させられたし、ずっと続編をみたいと思ってました。

その夢が現実化した今、ファンの一人としては、やはりそういう話題にSUGGESTIONを受けた…ともいう事でしょうか。

そんなに多くの方の読者がいる訳でもなく、まあ、ブログ名が変わったから何?というところでしょうが、今後も引き続きStar Warsについて、独自の分析を行い、自分なりの結論などを書いていければなぁと思います。

どうかよろしくお願いします。


Star Warsと双極性障害 序章

Star wars
12 /08 2012
A long time ago in a galaxy far,
far away…


star wars logo

Darth Vader
Where is Padome? Is she safe? Is she all right?

Darth SidiousIt seems, in your anger, you killed her.

Darth Vader
I? I couln’t have. She was alive. I felt it!

Darth Vader
Uhoooo, Ohoooo...

Darth Vader Nooooooo!

imagesCANMH8PV.jpg

EpisodeⅢより、Darth Vader誕生)


 EpisodeⅣからⅥまでの、悪の象徴的存在となるDarth Vader誕生のワンシーン。

 映画『Star Wars』の名シーンの1つであり、涙を誘う場面です。
 
 以前、Anakinは、双極性障害の可能性を検討しました。この検証の基となったのが2007年6月にニュースとして掲載された『「ダース・ベイダーは境界性人格障害」精神科医が分析』です。

 当時、筆者はこの記事について、きちんと読んでいなかったようです。『オハイオ州コロンバスの臨床心理学者』は、双極性障害を持っている可能性を指摘していました。通常、双極性障害は、それのみということ稀でむしろ何らかの疾患を併発していることが多いと言われています。

 Anakinの場合は、演技性人格障害や境界性人格障害を伴っていたと考えるのが自然であろうと思います。

 いずれにせよ、Anakinには適切な治療が必要であったことは間違いないでしょう。

 では、EpisodeⅠからⅢまでの間に、Anakinが適切な治療を受けるチャンスがなかったのでしょうか。

 Darth Vaderへと転身してせずに、無事、ハッピーエンドを迎えるチャンス、おそらくは人目のない辺境の惑星で、妻PadmeやLuke、Leiaに囲まれた、慎ましいけど幸せな家庭を築く、Anakinにとっての小さな幸せを享受できる人生を歩むことができなかったのか、をじっくりと検証してみたいと思います。

 序章ですので、今回はここまでとしましょう。

 次回は、Anakinが遺伝的要因の大きい双極性障害を、なぜ内因的に抱えることになったのかを、彼の生い立ちや両親のなぞを解明しながら、検証をしてみたいと思います。

『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)

さっきの地震、揺れましたねぇ

天変地異
12 /07 2012
いやぁ、さっきの地震、だいぶ揺れましたねぇ、ちょっと驚いた。

 ちょうど、行きつけの食堂
 (人がすくない時間帯によく行ってます。まだ人込みが怖いで)
   でテレビを見てたら、緊急地震速報が流れ出した。

と、ふと調理場を見ると、まずい、天ぷらをを揚げている。

あわてて「緊急地震速報が流れてるよ」と大声で呼びかけても、店主は「え、なにそれ」と呑気な返事。

あぁ、もう~「いいから火を消して、天ぷらやめて、地震が来る!!!」と必死に叫ぶ。

店主はいぶかしそうにコンロの火を消す、まさにそのタイミングでぐらぐらと建物が揺れ出した。

「うわ、地震だぁ」

案の定、天ぷら油がコンロからこぼれる。

まったく、そんなに油を入れるから、もう~

結構揺れは長く感じた。そして、揺れが収まると、店主は「え、なんで地震が来るの分かったの」

「だから、緊急地震速報が流れたんだって」と、じっくり緊急地震速報を説明する。

「へえぇ、そんなものがあるんだねぇ」

そりゃ、あなた、一応、そのシステム構築に少しかかわったからねぇ

「大したもんだ。いやぁ、助かったよ」

と、今日の天丼、なんか盛りがいい。しかも「今日のお礼だ、おごりだよ、銭はいらないから」

ご満悦な気分で、食堂を後にした。ふと空を見上げる。何年前だったろうか、あのシステム構築に関わり、半年間無我夢中で、働いたっけ。ちょうど軽躁病エピソードだったのかなぁ。

さて、少しためになる話を1つ。

太平洋側や内陸側で起きる地震の大半は、統計的に冬が多い。なぜか、それは簡単。じつは、日本海側に雪が積もると重みで、ほんの少しだけ、日本列島は太平洋側が盛り上がる。それが、よく巨大地震のトリガーとなるんだそうで。

これから、冬本番、さて、今日の浮いた夕食代で乾パンでも買いに行こうかなぁ

Star Warsの続編がついに!!

Star wars
12 /06 2012
先日、アメリカ、ウォルト・ディズニー社が映画会社「ルーカス・フィルム」を買収した。

そして、『Star Wars』の7作目を作成するという。

このニュースは Star Warsファンとしては、とても注目すべきものだ。


だけど、一応、Star Warsの設定では「歴史上最後のシスの暗黒卿」となっている…

思っていたが、違うのかなぁ。

いずれにせよ、注目すべき話題であることは確かだ。

これを 記念して、プロフィールを変更しました。

括目して見よ

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。