別に「倍返し」って、そんな憤らなくてもなんとかなるような気持ち!?

Mental Disorder
09 /30 2013
 あんまりシリアスなネタを出してドン引きされるかもと思いつつ... 

 いわゆる「孫子」とかで言われている戦い方、つまり戦略と呼ばれるものの基本は3つあると、よく言われています。

①.兵力の運用
例えば、相手よりも多数の兵力を用いて有利に物事を運ぶのは基本中の基本ですよね。

②.迅速な行動
例えば、兵力をすばやく動かすことができれば、物事を有利に運べることは言うまでもないです。

③.兵站の確保
つまり、食料とかの補給です。人間誰しも餓えていては戦えません。


 これを、現代社会のビジネスマンに当てはめた場合、どういうことになるか、筆者なりに考えてみました。

 ①については、いかに多くの仲間や味方がいるか、です。どれだけ実力のある人間であれ、それを認めてくれる仲間がいなければ、本来の実力を発揮できません。

 ②については、いかにすばやく決断し、行動するか、です。競争相手がいる場合であればなおさらです。それよって、相手を出し抜くことができますね。

 ③については、家族や家庭など、休める場所がそれに該当するのではないでしょうか。ただ、ガソリンを補給するようにご飯を食べても心のエネルギーは溜まりません。

 さて、圧倒的な視聴率をもって終了したドラマ「半沢直樹」ですが、実際のところ、これらを満たしたものだったでしょうか。

 筆者は、ドラマはもちろん、テレビはニュース以外見ないので「半沢直樹」がどういうストーリーで、どうなったか、上記の戦略に沿ったものであったかどうかは分かりません。

 ただ、あちこちで耳にするドラマの〝噂〟を聞く限りにおいて、どうやら、③は確実に満たされていたように感じます。
 
 さて、筆者の私見ですが「半沢直樹」は、まさに、この③の部分において、共感を得られ易かったのではないかと、ふと思いました。

 今時、「もしかしたら、明日にでも解雇されてしまうかもしれない」夫を支える妻、これは大変貴重な存在ですよね。

 「内助の功」なんて言葉があるように、戦うビジネスマンにおいて、家庭というエネルギー充填の場がどれだけ重要か、なんて言うまでもないでしょう。

 逆説的な言い方ですが、昨今の精神疾病の増加の一因に、家庭がそれを受け止められなくなっているというところにも原因とやらがあるんじゃないかとふと思ったわけで。

 ですから、どっかの街頭インタビューで「半沢直樹」を支える妻の存在を絶賛していた...なんて〝噂〟も耳にするわけです。

 「倍返しだ!」と憤り企業悪に立ち向かう「半沢直樹」。だけど、おうちに帰ると、妻は書置きを残して家を出て行っていた...

 なんてシーンは、想像しただけでもぞっとしませんか...ま、これもまた、ある意味、壮絶なドラマとも言えますが、筆者は見たくないですね。

 だめだったらダメで、もういっそ諦めて、もう一回やり直す...って少しゆるい気持ちで筆者は復職を迎えようとしているわけです。


 ですから「半沢直樹」は刺激が強すぎるように感じました。それこそ「進撃の巨人」よりもね...

スポンサーサイト

遠出したら〝萌え〟に出会いましたという...報告

日常から
09 /23 2013
 先の記事で予告した通り、今日はちょっと遠出をすることにしました。

 ちょうど、秋の交通安全週間(だっけ?)ということもあり、あちらこちらに警官やパトカーが。決して 油断 違反をするつもりではなかったのですが。


 捕まった!! と思ったら、切符を切られることもなく、くどくどと説教され、厳重注意で済みました。

 さて、今日は奥多摩の方へと行ってみました。あいにくと薄曇りの中、微かに霧雨も降っていて、予想よりかなり寒い!!!

 油断してました。まさか息が白くなるほどとは思いもせず。ですが、念のため持ってきた長袖のシャツが役に立ちました。

 
 で、お昼ご飯のおにぎりを食べようと、立ち寄った駐輪場で、筆者の相棒の写真を
バイクと???

 と左側に、ん? んん? んんん?
萌え[1]
 萌えているものを発見!

 呆気にとられました。立ち寄るライダーの皆さんも呆気にとられつつ、ガンミ(笑)。もちろん筆者もガンミ(笑×2)


 こういう出会いは予想外でした(笑×3)


彼岸花が咲いていまして...

日常から
09 /22 2013
 また、台風が関東地方に接近しようかという状況ですね。昨日から、頭痛っぽい感じ(症状)が出てます。

 やだなぁと思いますが、だからといって台風をどうかすることなんぞ、筆者には出来ません。来たら来たで、我慢するしかありません。

 でも、せっかくの連休、ということで、明日は少し遠出をしようかと思っています。本当は先週行きたかったのですが、台風で行けませんでした。

 と、そういえば、明日はお彼岸...というか、彼岸花でふと気付いたのです。筆者の家の近くで、鮮やかなほどの赤い花を咲かせていました。

 彼岸花は「血のような花のイメージ」があり、あまり縁起がよくない...なんてことも言われています。花言葉も「悲しい思い出」というのがあります。

 でも、「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」という花言葉もあり、縁起が悪いだけの花ではないようです。

 何より、鮮やかなほどの赤は、とても美しいものだと思います。秋の花...ということで、秋のお彼岸を感じるのもまた一興ではないでしょうか。

 まもなく筆者は復職します。筆者にとっての再出発であり、彼岸花が筆者の〝再出発・復活〟の心象となれば...なんて思ったりしました。


 お彼岸と言えば...筆者はなんとなくこの曲がしっくり来ます。

台風一過...と小ネタを1つ

日常から
09 /16 2013
 細川貂々さんの「ツレがうつになりまして。」では、台風の接近に伴ってツレさんの調子が悪くなることを書いていました(P.81)。

 関東地方に住む筆者も、今回の台風の接近と直撃に伴い、猛烈な体調不良に襲われました...が、通り過ぎた途端、調子が戻りました。

 3日程続いた酷い頭痛がウソのように治まったわけで、気圧などの天候の変化と頭痛とかの身体症状って絶対に関連がある! と思わずにはいられませんでした。

 以前、九州に台風が来た時も酷い頭痛に悩ませられたんです。よくよく考えてみれば、子供の頃からそういうのって結構あったように思います。

 医学的に、生物学的に、気圧や気温、湿度の変化が何らかの影響を与える...例えば神経伝達物質の分泌量が微妙に変化する可能性ってあり得ますよね。

 どうもそれが引き金のようで、少しウツが入ってましたが、台風一過とともに少し回復したような...いや、回復したと考えたい...です。





 そういえば、『ファミリーマート×初音ミク』プロジェクトってやってますけど、なぜ、筆者の家の近くの〇ァミマはKAITOなんでしょうか...

 またおもしろいのを見つけたのでうpしました。なぜ「進撃の三紳士」か...動画を三回くらい見て、ようやく分かりました(笑)。それにしてもクォリティ高!

パニック障害!?...あれは苦しいですよね

Mental Disorder
09 /13 2013
 DSM(精神障害の診断と統計の手引き)にて、第7項に分類されている「不安障害」の中にパニック障害という疾病があります。

 筆者は、うつ病相に併発するかたちで幾度か経験していますが、これは、想像を絶するほど苦しいものです。

 その症状たるや、制御不能、理解不能な身体症状が起き、同時にこのまま死んでしまうのではないかという恐怖に包まれます。

 おそらく傍目からみても、異常を来している様相は明らかであると思います。実際に、筆者は、救急車を呼ばれそうになりました。

 さて、先日(9月7日)放映の「宇宙兄弟(第72話)」でパニック障害を呈した日々人の様子が描かれていました。

 経験者として、率直に感想を述べるのであれば、もう少しリアルな表現がほしいところでしたけど、日々人の戸惑う気持ちが痛いほど伝わりました。

 劇中でヘルメットをとった日々人が呆然とする、あの瞬間の気持ち、すごく分かります。パニック障害だという自覚を持つまで筆者もそうでした。

 さて、 日々人は、当初、それを隠す意思を強く示していましたが、最終的にはシャロン博士にカミングアウトしました。大変勇気のあることです。さすがです。

 今後、日々人のストーリーは、パニック障害を治療し克服する様子を描くものとなっていくでしょう。ただ、言うは易し...精神疾患の克服は、そう甘いものではないはずですが。

 まあ、筆者としては、克服していくまでの過程をつぶさに描いてほしいと願っています。現実において、パニック障害に苦しむ人達の励みとして。

 ところで、パニック障害の一般的な治療は、精神療法を基本とし、SSRI等の抗うつ剤による薬物療法が基本とされているようです。

 ただ、最近の研究では「脳機能障害」として扱われるようになっており、「心の病」という概念は消えつつあるとのことです。

 まして、劇中の2025年には、パニック障害に関連する「脳機能障害」の解明も進み、もしかしたら効果の高い薬が開発されているかも

 その辺りのことは、曖昧な推測を交えるものなので横に置いて、筆者としては、日々人が家族やNASA、JAXAの関係者にも堂々とカミングアウトしていくこと。

 それから、精神疾患を患っても、ちゃんと克服していけば、また宇宙飛行士として月面に行けるんだということ等々。

 そういうストーリーを通じて、精神疾患に対する偏見を払拭するメッセージを盛り込んでくれれば、筆者としては、とてもありがたいと思ってます。



Star Warsと双極性障害 第7章

Star wars
09 /08 2013
A long time ago in a galaxy far,
far away…





 前章まで、Anakin Skywalkerの双極性障害の発症要因、そして発症までの課程などをつぶさに検証してきました。

 本章では、今一度、発症の予防や治療のチャンスがどのくらいあったか、要点を取りまとめながら振り返ってみましょう。

 ①.発症予防について
  ・Master Yodaが、危険な要素を潜在的に抱えている可能性を見出していた。
  ・Obi-Wan Kenobiが、Anakinの衝動的な行動、易怒性等を見出していた。

 が挙げられます。しかし、いずれも見逃されていました。これは、Yoda、Obi-Wanの両者とも精神疾病に深い知識がなかったためでしょう。

 また、Jedi Temple内での修行中にも見出されていたかもしれませんが、伝統的な(時代遅れ)の修行では、おそらくPadawanのメンタルケアなどなかったことは想像するに難くありません。

 もっとも、エンドフェノタイプ(厳密には遺伝病でない疾病)に分類される双極性障害は、成長過程での環境因子による発症リスクの軽減は約1/3程度しか貢献できないとされています。

 発症要因の約2/3は遺伝的要因に基づくものである以上、Jediの修行過程で発症リスクを軽減させることには限界があったとも言えます。

 以上のことから、発症予防は極めて困難であったと結論付けられると思います。


 ②.発症の早期発見
  ・EP.2冒頭の睡眠障害(うつ症状)の発症時
  ・惑星Nabooにおける睡眠障害の進行(悪化)
  ・Ep.2のTusken Raders事件(躁転?)

 が挙げられます。そして、この発症(疲弊しきって、精神的に不安定になっている等)をうつ症状を呈しているとして、Oni-WanやPadme Amidala、あるいはYodaが認識していました。

 しかし、残念なことに、双極性障害の発症どころか、精神疾患の発症であることすら認識できていませんでした。

 逆説的に言えば、〝遠い銀河〟でも、精神疾病に関する理解は日本並みに低かったということでしょうか。不幸な社会環境です。

 さらに、Anakinは、あまり対人関係や周囲の環境に恵まれていませんでした。これは、例えば息子のLukeと比較すれば、鮮明に見えてくると思います。


 以上のことから、発症予防こそ先の①で挙げましたように、ほぼ不可能な状況でしたが、少なくとも発症時の早期治療は不可能ではないと言えるかもしれません。

 しかし、上述のように〝遠い銀河〟の世間一般の精神疾患に関する認知度が低かったことが災いし、早期治療のチャンスがことごとくスポイルされてしまいました。

 もしかしたら、人心掌握術やマインドコントロール、そして社会秩序の操作に長けたPalpatine=Darth Sidiousの陰謀があったかもしれません。

 そして、それに付け加え、Jedi Orderとの確執、特にMace Winduとの確執が、ある疾病を併発させたと筆者は判断しています。

 それは〝境界性パーソナリティ障害〟や〝自己愛性パーソナリティ障害〟などの疾病。これが双極性障害を重症化させる大きな原因となったのでしょう。

 さて、Star Warsの劇中における、最大のクライマックス...AnakinのDarth Vaderへの堕転の時がおとずれようとしています。

 が、実は、ここにいたって、なお、Anakinに双極性障害の治療の最後のチャンスはあった...と筆者は分析しています。

 それについては次章で述べていくこととしましよう。それでは

『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)


きっと来るぅ

天変地異
09 /06 2013
 9月4日の朝、東北から関東にかけての広い範囲で地震がありましたね。ちょうど外を歩いていた時だったのでした。

 なぜか、筆者のそばの建物のシャッターがガタガタ鳴っているなぁと思ってたら「地震だぁ」と騒ぐ声が。そういえば地面が揺れているような。

 外にいて感じる地震はこんなもんなんだと呑気に考えながら歩いていたわけですが、震度4という情報を得た時は少し驚きました。

 さて、筆者はこの地震について、3つ悔しい思いをしました。その1つは、外で体感してしまったこと。久々の地震。家で体感したかった...と、のたまう筆者はつくづく変人だと思います。

 もう1つは、筆者の家にある水槽の水が地震で溢れ、家に帰ったら水槽周りがびしょびしょになっていたことです。片付けが大変でした。

 最後の1つは、緊急地震速報が聞けず、地震の計測ができなかったことです。なお、この緊急地震速報は携帯電話とかにあるものとは違います。

 グーグルの無料アプリで見つけた「ゆれくるコール」というアプリで、なかなかの優れものですが、電池の消耗が...

 なので、家にある、貰いもののタブレット(Android2.2)に入れています。震度1以上の地震について、地震波の到達時刻を秒数単位で伝えてくれます。

 そして、筆者は地震を 楽しむ 検証すべく、この緊急地震速報を聞くやいなや、即、震度計アプリを起動させて、震度を測ろうとするのですが、その時、筆者の頭の中で流れる音楽は...


 今回のような大き目の地震は絶好の計測ターゲットでした...が、外に居たため、計測できなかったのです。悔しい...

 まあ、逃した地震...時間帯も悪かったわけで、仕方がないですが、今度こそ...今か今かと地震を待ってます。もちろん、純科学的好奇心からですよ、一応。

「進撃の巨人」の人気について思う事

日常から
09 /01 2013
 現在「進撃の巨人」日本、韓国で同時放映されて、両国とも社会現象になるほどの話題となっているとか...

 実際に、筆者も「最近、ハマったもの...」で「進撃の巨人」に関する記事を書かせていただきました。

 韓国の事情はとりあえず横に置いて、なぜ日本でもこれほどヒットしているのかを筆者なりに考えてみました。

 まず、今の閉塞的な社会環境を壁に例え、それを打破する非日常的な事象(この場合、壁の崩壊と巨人の侵入みたいな)をどこか期待しているところがあるということ...

 ただ、それはたぶん、一番当たり障りのない、まあ、何のひねりもない、芸のない、当然すぎるような回答です。筆者としては、もう少しひねた回答を考えてみました。

 筆者は氷河期世代、あるいはロストジェネレーション世代と呼ばれる最も悲惨な世代の一人です。しかし、筆者は運よくずっと正社員でいられました。

 しかも休職まで認められるという運の良さ...ただ、その足元は決して盤石とは言い難いものではあります。しかも家庭環境に至っては崩壊寸前。

 筆者の社会人生活の始まりは、〝リストラ〟なる言葉が生まれた時期にあり、次々と年配の方が会社にクビを切られるのを目の当たりにしました。

 そして、リストラの波は、いつの間にか筆者の世代の周辺にまで訪れ、いつクビになるとも分からない不安定な環境へ変わっていました。

 成果主義の名のもと、激しいサバイバルレースのレールに乗せられ、常に周囲との少ないパイの取り合いが展開されるようになりました。

 いわゆる成果主義というなのサバイバルレースという環境は、ある意味、劇中の壁外の環境にあたっているんじゃないかと思いました。

 また、同時に、何の基準で行われているか分からない不条理極まる〝リストラ〟という首切りがちょうど、得体の知れない巨人が人間を食らう行為と同一視できる思ったわけです。

 怒れる巨人化イェガーの咆哮は、いわば氷河期世代というレッテルを貼られ、不条理なサバイバルレースを強いられ、その上〝リストラ〟に怯えなければいけない不条理に対する怒り...

 少なくとも、そういう怒りを筆者は心の奥深くに抱えているように思っています。だから、心地よく感じたのでしょう、あの巨人化イェガーが、他の巨人をなぎ倒し駆逐する様を。

 

 ただ「戦え!」というのは、やっぱり非日常的なものであり本質ではない...そういう非日常的なサバイバルレースを忘れ、平々凡々と生きるのが、本質的なものであると思います。

 筆者は、失われた20年という期間を双極性障害というモンスターに翻弄されつつ、危うい綱渡りをしながら、奇跡的に生き延び、そして休職という現在に至って、そう悟りました。

 戦うといった非日常は、あくまで劇中でのみ。実生活は至って平凡...それが筆者の目指すところです。

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。