引き籠っているのかな??

COSMOS
10 /30 2013
 筆者自身のことではありません。日々鬱々と過ごしていますが...

 気になったのは、筆者の水槽にいる熱帯魚、アカヒレです。いつもは元気に水槽内を泳いでいるはずが、今日に限って、隙間に隠れています。

 その代わり、鬼の居ぬ間とばかりに、エビたちが、元気に動き回っています。普段はアカヒレがエビをつつくので、エビたちは水槽内の水草とかの隙間に隠れているですが。

 いったいどうしたことでしょう。ちょっと、まるで引き籠りです。直感的、主観的な観察ではありますが、何かに怯えているような感じです。

 いつもと違う水槽内の景色...何かヘンなことでも予兆しているのでしょうか。例えば地震とか...いえ、これは筆者の勝手な思い込みです。信じないでくださいね。

 それとも、筆者の鬱々とした気分を、アカヒレがフィールし、行動で投影しているのでしょうかね。それとも、アカヒレの気まぐれな行動かもしれません。



 筆者は、今、気持ちばかり焦りがあります。でも、慌てず、しっかりと足を踏みしめて、まずは社会復帰を目指していきます。

スポンサーサイト

精神疾患の人の仕事は事務職しかない!? しかも非正規!?

日常から
10 /26 2013
少し、愚痴っぽいものになるかもしれませんがご容赦くださいね。

 先日、某企業が主催する障害者のための転職説明会に行ってきました。双極性障害と気付かず今回の大鬱状態になるまでは、しっかりと就労できていたのですから、ある程度の時間的なご配慮をいただきながら、どこかキャリアを活かせる仕事をと思っていました。

 しかし、会場で受けた説明では、障害者は事務職のみ、総合職に転職できた例は皆無です。事務職の経験がないのであれば、非正規での就労と考えてくださいとのこと。曰く、障害者に普通の仕事ができるわけないだろ! いうことみたいです。

 筆者のような、いわゆるキャリアを活かした総合職での転職は疾病をオープンにした場合、その転職斡旋会社では無理と言われ、どうしてもということであればクローズで登録してくださいとのことですので、疾病を隠せということですね。入社した後のフォローをどうするつもりでしょう

 逆説的な言い方をすれば、例えば、8人に1人が罹るという〝うつ病〟などの精神疾病罹患者は、たとえ寛解していても、再発の危険があるため、全て事務職という事になるわけですが、そんなことで日本の社会体系が成り立つのか、甚だ疑問に感じました。

 某政党が技術大国日本の理念とやらはどこにいってしまったのでしょうか。少なくとも、その転職斡旋会社には、現代の坂本龍馬的人材を発掘できることが不可能であることは疑いないでしょうね。

あくまでも、ある転職斡旋会社の人が言ったことであり、別の転職斡旋会社では、担当エージェントの方から、キャリア次第では総合職でも十分に可能性はあると、心強いお言葉をいただきました。

 なお、筆者のキャリアのみから見た年収の査定は、筆者の希望する年収を一回りほど上回っていました。果たして、休職していた期間を加味した場合、年収の査定結果はどのようになることでしょうか。気になります。

 
 (制作中なのが残念)

 バブル絶頂期の頃の歌です。懐かしいですね。牛若丸三郎太の方で聞くと、半沢直樹とかぶるように感じるのは筆者だけでしょうか(笑)。

予感はしていたんですけどね

日常から
10 /20 2013
 大変な事態となりました。ついに離職勧告...ORZ。

 実は、最近の会社の対応からうすうす感づいていました。周囲をフィールする能力が高いのは双極性障害の患者の特徴。そして何となくフィールできていたんです。悪い予感という形で。

 先日の面談で、何となく直感的に感じる違和感、よそよそしさ、その他諸々をうっすらと感じ取れていたので、実は、心の準備をしていました。

 でも困った...四十男が、この年齢で転職かい...ORZ。と書きつつも、もうすでに転職活動を始めていたりする...というバイタリティは筆者の個人的性格か、それとも双極の躁か?

 早速ですが、一緒に会社を立ち上げないかというお声がかかりました...って、えぇぇぇぇ、独立起業ぉぉぉ!?

 は、さすがに少し躊躇しています。もう躁の暴走はこりごり、安定した生活を送れるところを探したいというのが本音です。

 が、御声掛けした下さった方の個人年収を聞いて唖然...マルクス主義は崩壊した! ここに富の偏在が!と思わず叫びそうになりました。

 確かに独立・起業は魅力的です。しかも、私の保有する資格には、独立・企業向きのものもあります。だからお声がかかったのですね。

 もちろん、御声掛けしてくれたのは20年来の親友で、かつてのバイク仲間です。決していい加減な気持ちで御声掛けしたわけではないことは重々承知しています。

 さて、今のところ数ヶ月は休職のまま在籍することを認められており、まあ、この辺りは会社の温情かなと心得ています。恨んじゃいません。

 我が人生5度目(多すぎ!!)の転職。どうかうまくいきますようにってか、何とか乗り切らなきゃいけないので、ガンバっていきますかね。頑張りすぎないよう(躁ならない程度に)ゆるゆると。

 

 筆者における月サイクルの運勢は、“October is the cruellest month”となんだろうなと感じました。
  
 『荒地(T.S. Eliot)』の“April is the cruellest month(四月は残酷な月)”を、筆者なりにアレンジ(パクリ!?)

何となく...遠出してしまいました

日常から
10 /06 2013
 朝は薄曇り、なんだか明るくなってきたなぁと思ったら陽が射してきて、それに誘われるように外へと...そして、バイクで発進!

 その辺を軽くひとっ走りと思ったんですが、東京環状をぐるりと一回り。そして、甲州街道へ。思ったより遠出してしまいました。

 さすがに主要国道とあって、ペースの速いこと...少し怖いと思っていましたが、次第に慣れてきました。そして休憩しようと入った道の駅...残念、萌はありませんでした(笑)

 ここで一服

 けっこう、バイクが走っていましたね。まるで、太陽に誘われたかのように、...みんな陽に飢えていたんですね。



クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。