〝おもてなし〟の精神

日常から
08 /31 2014
 知人からもらった車、単身暮らしの筆者には大きすぎるし、維持費がバカにならないので、軽に買い換えることにしましたが... ディーラー回りをすると、様々な人間模様が見えてきます。

 店舗敷地に車を入れた時、すぐに販売員が駆け寄ってくるディーラーと、店舗に入るまで待っているディーラー。酷い場合は、声をかけるまで「いらっしゃいませ」もないディーラー。

 声をかけないと相手にしてくれないような店舗は、もういいや、という気持ちになります。その店舗で買う気は、思いっきり失せます。

 なぜにこんなにまで店舗ごとに違いがあるのでしょうか。こちらは、車を探しに来たお客さんなはず...本来なら、〝おもてなし〟をするはずなのに...

 と、思う筆者の考え方は、高飛車?? でも、やっぱり、〝おもてなし〟が熱心なディーラーは、買う気が出てきますよね。

 まず、いいディーラー...の例として、雨にも関わらず、店舗から飛び出してきて、こちらを駐車場まで誘導し、御用件をお伺いするディーラー。

 少々値は張るけど、まあ、この店舗で何とか...という気持ちが出てきます。ローンをいくらで組むか、具体的な話までしようという気になってきます。

 その一方で、悪いディーラー...お値段は手頃ですが、あまりの不熱心さに、早く店舗を出たい気持ちが高ぶりました。適当に話をして礼儀上、また来ますと言いましたが...

 〝おもてなし〟の精神は、たとえ小さなことでも重要となります。まして、車という高額商品ともなれば、熱心さは購買意欲につながります。

 今日、改めて良いディーラーへと行きました。やはり熱心さは素晴らしく、〝おもてなし〟の精神が滲み出ていますね。

 返事は保留にしましたが、もう、あの店で買おうかなという気持ちが大きくなっています。もちろん、お値段もお手頃なものなので。

 同じような値段で、〝おもてなし〟のないディーラーでは買わないという気持ちも固まりました。今後、お値段の相談に行くことはないでしょう。

 〝おもてなし〟の精神が大きな差を生む、そんな印象を強く覚えた日でした。

スポンサーサイト

バランス感覚

日常から
08 /26 2014
 あの暑い日々から一転、急に涼しくなったもので、筆者は少し体調を崩し気味となってしまいました。

 もう、夏も終わりだと思うと、急に切なくなります。やっぱり茹だるような暑さの方が筆者は好きなんですよね。

 夏になると、毎年、気分が大きく上がる筆者なのですが、今年の夏はそんなに上がりませんでした。

 双極性障害の筆者にとっては、いい傾向なはずなのですが、やはり、元気に上がる方が...その様な気分が恋しいと思ってしまいます。

 カウンセラーには、やや低い、ちょうど良い加減と言われますが、筆者には、もう少し下がっている気がします。

 気分が上がらない=バイタリティが湧かない、ですから、仕事をしている筆者は、もう少しバイタリティが欲しい=気分を上げたい、と感じています。

 それなのに、夏が終わりを迎えており、これから季節的に気分の下がる時期に入る筆者にとって、バランスをとることがより難しいかもしれない、と不安を覚えています。

 でも、そういう先のことを勝手に想定して不安を覚えるより、今は今!、とりあえず、今を考えようとも思いますが...

 思考のバランスも難しいですね。そのバランス感覚こそ、双極性障害の寛解を得る重要な手段なのかもしれないととりあえず思ってみます。

 何か、支離滅裂な文章となってしまいましたね。とりあえずここで終わりにしちゃいます。

「子はかすがい」とはよく言ったもので

日常から
08 /17 2014
 今回の記事は、愚痴っぽい話です。

 お盆を遊びに来た子供達と楽しく過ごせましたが、現在、絶縁状態で別居状態にある妻との不仲を、子供達はストレスとして抱えているようでした。

 というのも、子供達は、やはり両親が仲良くしてほしいと強く願っているわけで、今のような状態を是としていないのです。

 ストレスを抱えているというのは、子供達の言葉の端々やしぐさで何となく分かりました。子供達にストレスを与えてしまうとは、親として何とも情けないことです。

 躁の産物として生じてしまった、夫婦関係の悪化、家族関係の崩壊...筆者は、長い時間をかけてでも修復したいと願っています。

 ただ、心のどこかで、もうダメなんじゃないかという絶望感も抱えています。筆者自身の大きなストレスの要因となっています。

 しかし、ここで諦めては子供達に申し訳ない、何より子供達は、筆者と妻を仲良くさせようとしています。 「子はかすがい」とはよく言ったものです。

 筆者も、今年こそ、まずは絶縁状態を解消したいと願っています。妻と話し合う機会を作りたいと考えています。例え電話でも...

 愚痴っぽい記事を最後まで読んでくださった方、感謝します。

睡眠

日常から
08 /10 2014
 昨夜寝たのは夜の10時、そして起きたのは朝の10時...12時間も寝てしまいました。どうしてこんなに寝てしまったのか...

 明らかに寝すぎですね。今夜眠れるのか、心配です。もちろん、途中で一回起きました。朝の7時半。あと30分と二度寝したのが間違いでした。

 普段は夜10時に寝て、朝6時に起きる健康的な生活を送っています。しかし、今朝は...ORZ。なんということでしょうか。ひょっとして台風の影響?

 筆者は、台風が近づくと、いろいろと体調を崩します。今朝は、腰が異常に痛いとか関節がうずくとかの症状を呈しています。

 まあ、いいやと思いながら、おもむろに布団から出ましたが、夕方になって、ふと不安になったわけです。今夜、きちんと寝れるのか。

 今夜も睡眠導入剤の力を借りて寝るわけですが、寝過ぎだと、さすがに効きが悪くなるようです。寝れなくなるぅとプレッシャーがかかれば、ますます...

 睡眠は大切ですよね。そのリズムを一度崩すと、元に戻るまで少し時間がかかります。だから、今夜は、少なくとも9時には布団に入って何とか寝ようと思います。

長崎原爆の日

日常から
08 /08 2014
 今さら言うまでもありませんが、8月9日は長崎原爆の日です。

 筆者は長崎原爆の映画「この子を残して」を見て、大きなショックを受けたことを今でも鮮明に覚えています。

 広島原爆の悲惨さを訴えたマンガ(映画化もされた)「はだしのゲン」と合わせて是非見て欲しいものです。

 なぜ、日本に原爆が落とされたか、アメリカ政府公式の説明では、戦争を早期に決着させるためとしています。

 しかし、筆者は第二次世界大戦後を見据え、原子爆弾を実戦使用することで、アメリカの国力・軍事力を世界に誇示する戦略であったとする説を支持しています。

 実際に、世界はアメリカとソ連を中心にした東西冷戦の時代に突入していき、その代理戦争(朝鮮戦争やベトナム戦争)も起きました。

 ですが、核保有国はアメリカ以外に、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエルと、拡散いく結果を生じさせました。

 なんと皮肉な事か...アメリカの思惑とは裏腹に、核時代と呼ばれる恐怖の時代を到来させたわけです。

 筆者は、この日を迎えるに当たり、もう2度と繰り返してはならない愚行を強く胸に刻むと同時に、核無き世界の到来を強く願いたいと思います。

  

熱中症予防に

日常から
08 /05 2014
 今日も非常に暑い日でした。でも、こういう日に外で食べるアイスはなかなかです。

 というのも、仕事の休憩時間中にアイスの差し入れがあり、非常に助かりました。

 食べると体がヒヤ~ッとしてきます。熱中症予防には最適なんです。

 熱中症...筆者も軽い熱中症を経験したことがあります。

 意外に自覚症状がないんです。ちょっと頭が痛いなぁという程度

 で、眩暈がして...そのままクテェ~となったようで、意識が飛びかけました。

 熱中症の恐ろしさはここにあるんじゃないかと思います。

 自覚症状のないまま、意識が飛んでしまうという危険性

 筆者も、あの時、完全に意識が飛んでいたら...ガクブル(((ノ)゚Д゚(ヽ))))ガクブル

 これから、まだまだ暑い日が続く見込みとのこと。

 体調管理には気を付けていきたいですね。

 

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。