Ninja!!!

日常から
06 /07 2013
 バイク乗りには、ホンダ党、ヤマハ党、スズキ党がいるもんだと筆者は勝手に思っています。筆者は、このうち、ホンダのCBシリーズに特別な思い入れがあります。

 なぜなら、最初に乗ったバイクがCB50S(原付)、そして中型二輪を取得してからCB250F(JADE)を乗っていたからです。

 しかし、その夢は突然破られます。仕事で少々長く出張するので、保管しがてら友人(だった人)にCB250F(JADE)を貸したら、三日目に盗まれたと連絡が来ました。

 ロックが壊れててかからなかったから盗まれたと友人(だった人)は言いましたが、それは友人(だった人)の勘違い。んなわけがない。

 三ヶ月後、JADEは無残な姿で発見されました。警察の手で保管されていたJADEを引き取りに、友人(だった人)を連れだっていきました。ロックが壊れていたかを確認するためです。

 ロックがかかるのを目の前で見せ、苦笑いする友人に一言「この外道!」と一喝。以来、その友人(だった人)とは絶交しています。

 その人にとってバイクとは相棒ではなく、ただの道具だったのでしょう。その事が尾を引いてか、長きにわたり、バイクに乗る気分になりませんでした。

 それは、相棒を人に貸してしまったことへの贖罪の気持ちだったかもしれません。しかし、今日、突然、その喪が明けた気分になりました。

 それはCBシリーズとは別の憧れだった「Ninja」に出会ったからです。実は中免を取った時、相棒を「JADE」にするか「Ninja(GPX250R-Ⅱ)」にするかを迷いました。

 しかし、GPX250R-Ⅱは、人気のせいか、学生だった筆者にはちょっと手が届きそうにない...といういきさつがありました。

 逆説的に言えば、選択肢がJADEしかなかったというのがあります。ですから、CB250シリーズとともにNinjaはもう1つの憧れでした。

 今日、あの頃の面影を微かに残すNinja 250に出会いました。思わず、ライダーに声をかけ、話し込んでしまいました。

忍者[1]

 もともとホンダ党だったけど、Ninja 250のセクシーさにひかれて...笑顔の素敵な彼女は、相棒への思い入れに照れるように語ってくれました。

 ああ、とてもいい相棒を得たんだな、Ninja 250...筆者は、バイクに対する思い入れを聞いたとき、Ninja 250が彼女とともに微笑んでいるように見えました。

 JADEよ、君のことは忘れない...でも、もう筆者は前を向くことにしたよ...新しい相棒を探しに行くから。それが、君にとっての最高の供養になると思うから...



 まあ、先立つお金が当面はありませんが...

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。