「うつ」の正しい過ごし方

Mental Disorder
06 /13 2013
 まず、最初に述べておきます。「IPJ 精神医療従事者専門情報サイト」で2013年3月28日に掲載されていた記事です。

「うつ」は医学用語ではない うつ病学会が指針

 この背景にあるのは、記事にあるように「一般人やジャーナリズムのみならず医師間でも、うつ病関連の用語があいまいに使用 され、混乱を招いているという懸念」からです。 

 ですが、ここでは、医師からの診断書をうけ、療養している人の疾病を一括して「うつ」と、あえて称します。

 この頃、不眠が続き、朝起きるのがつらい...電車の中で突然呼吸困難に陥った...駅のホームに立っていたら、電車に飛び込んでしまいたい気持ちになっていた...

 いわゆる「うつ」の典型的な症状であることは、すでに良く知られており、むしろ知らない人はいないであろうと思います。

 また、本屋にいやというほど溢れかえっている「うつ」に関する本を読めば分かるように、「うつ」の治療は投薬と休養...まあ、こちらもよく知られていると思います。

 さて、具体的に休養といってもどう過ごすべきなのか...「うつ」の正しい過ごし方とはいったいなんでしょうか。筆者はふと疑問に感じました。

 筆者は双極性障害、昨年起きた重度の大うつ病相での過ごし方について「何もできません、どう過ごせばいいのですか?」と主治医に泣きつくと「何もしないでいいんだよ」と言われました。

 重度の「うつ」状態にあれば、確かにこの過ごし方は当てはまります。では、ある程度回復してきたら、どう過ごすのでしょうか。

 周囲の人は、まず、回復期の突然の自殺に注意する...というのはよく言われています。ただ、罹患者本人はどう過ごすべきか、具体的なことを書いたものをあまり見たことがありません。

 復職というものを意識し始めた段階では、すでにかなり回復していると見込んでも差し支えないでしょう。筆者もそういう時期にあたっており、デイケアを通じて復職訓練をしています。

 しかし、デイケアといっても、土日や祝日は休みです。こういう時、どう過ごすべきか、意外に時間を持て余すケースは多いのではないでしょうか。

 では、回復期の気晴らし等を兼ねて...同じデイケア仲間には家族で温泉旅行に行った方もいらっしゃいます。また、バイクでツーリングをされている方もいらっしゃいます。

 その一方で、こんな記事も

 ・「新型うつ」で休職中社員 週末は結婚式場カメラマンバイト

 ・うつ病社員 休職中に大型バイク免許取得しツーリング楽しむ

 また、『「私はうつ」と言いたがる人たち(香山リカ著)』という本もありますね。「うつ」という診断を利用して疾病利得を目論む行為は、言語道断です。許されざるものです。

 ですが、先の「休職中に大型バイク免許取得しツーリング楽しむ」人について、仮に休職中、会社と定期的に連絡を取り続け、復職訓練なども行っていたとしたもNGだったでしょうか?

 こういったもののジャッジには主観が大きく入りますので、人によってはダメ出しする方もいるとは思います。しかし、そういう気晴らしすら許されないでしょうか?

 だから思ったのです。『「うつ」の正しい過ごし方』について

 さて、ここで、ある方の「うつ」の過ごし方について、ご紹介したいと思います。

 彼は、重度の「うつ」状態にある時は、家から一歩も出ることができませんでした。しかし、ある程度、回復の兆しが見えてきたので、勝手に薬を止めたら、また「うつ」がぶり返してしまいました。それからは、きちんと服薬するように心がけました。そして、かなり回復の兆しが見えて、家から出れるようになり、図書館などで1日を過ごせるようになりました。せっかく療養しているのだから、気晴らしにということで、アクアリウムや陶芸など趣味に没頭するようになりました。そして、時にはちょっとした旅行に出かけたり、コンサートやスポーツ観戦などをするようになりました...

 ここで、上記文章にある赤字のところはOKですかNGですか?

 筆者の思うところを言うと、最初の「勝手に薬を止めた」のはNGですが、そのほかは、全てOKだと思っています。

 「趣味など好きなことをして過ごすこと」はNGですか? 「気晴らしにちょっとした旅行に出かける」のはNGですか? あるいは、「コンサートやスポーツ観戦などをする」のはNGですか?


 悪戯心を持って書きましたが、上記の「ある方」とは、細川 貂々著「ツレがうつになりまして。」のツレさんの「うつ」の過ごし方から抜粋しました。

 逆説的に言えば、罹患者に対し悪意を持ってすれば、どんな過ごし方であろうと「うつ」の療養期間にした息抜き、気晴らしは、全てダメ...詐病じゃないか? と疑うことが出来るという事です。

 誰か『正しい「うつ」の過ごし方』を知っている方はいらっしゃいますか...
 療養期間中、あるいは、休職期間中、それぞれの罹患者が正しいと思う事をすればいいのであり、それに口挟むのは、如何なものかと思います。何を持って、正しいとジャッジすることはできません。
 ですから、例えばツーリングであったり、趣味であったり、温泉旅行であったり、それが自分にとって、良い療養であり、エネルギーをチャージできるものと判断しているのであれば、いくらやっても構わないと筆者は思います。

 ただ、もし休職中なのであれば、定期的な会社とのやり取りは絶対条件...とか、しっかりと考え、自分線引きをする必要はありますね。でも、日帰りツーリングや一泊、二泊ぐらいの旅行ぐらいならOKじゃないですか。人生の夏休みをのんびりと過ごす...


 この曲、少々政治色が絡んでいるとのうわさもありますが...

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。