精神疾患の人の仕事は事務職しかない!? しかも非正規!?

日常から
10 /26 2013
少し、愚痴っぽいものになるかもしれませんがご容赦くださいね。

 先日、某企業が主催する障害者のための転職説明会に行ってきました。双極性障害と気付かず今回の大鬱状態になるまでは、しっかりと就労できていたのですから、ある程度の時間的なご配慮をいただきながら、どこかキャリアを活かせる仕事をと思っていました。

 しかし、会場で受けた説明では、障害者は事務職のみ、総合職に転職できた例は皆無です。事務職の経験がないのであれば、非正規での就労と考えてくださいとのこと。曰く、障害者に普通の仕事ができるわけないだろ! いうことみたいです。

 筆者のような、いわゆるキャリアを活かした総合職での転職は疾病をオープンにした場合、その転職斡旋会社では無理と言われ、どうしてもということであればクローズで登録してくださいとのことですので、疾病を隠せということですね。入社した後のフォローをどうするつもりでしょう

 逆説的な言い方をすれば、例えば、8人に1人が罹るという〝うつ病〟などの精神疾病罹患者は、たとえ寛解していても、再発の危険があるため、全て事務職という事になるわけですが、そんなことで日本の社会体系が成り立つのか、甚だ疑問に感じました。

 某政党が技術大国日本の理念とやらはどこにいってしまったのでしょうか。少なくとも、その転職斡旋会社には、現代の坂本龍馬的人材を発掘できることが不可能であることは疑いないでしょうね。

あくまでも、ある転職斡旋会社の人が言ったことであり、別の転職斡旋会社では、担当エージェントの方から、キャリア次第では総合職でも十分に可能性はあると、心強いお言葉をいただきました。

 なお、筆者のキャリアのみから見た年収の査定は、筆者の希望する年収を一回りほど上回っていました。果たして、休職していた期間を加味した場合、年収の査定結果はどのようになることでしょうか。気になります。

 
 (制作中なのが残念)

 バブル絶頂期の頃の歌です。懐かしいですね。牛若丸三郎太の方で聞くと、半沢直樹とかぶるように感じるのは筆者だけでしょうか(笑)。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。