〝ウツ〟への禁句を検証する -禁句は〝ウツ〟を追い詰める-

Mental Disorder
11 /29 2012
 以前〝ウツ〟の患者への禁句というものを取り扱った。当時、筆者が非常に勉強不足であり、患者でありながら、禁句さえ…と軽く考えていた節があった。 

 現在、よりいっそう酷い状況となった家庭不和をきっかけとして、再び大うつ状態に陥った(現在はやや回復)。そして、禁句さえ言わなければ何を言っても構わないという無神経さにかなりまいった。

 前回述べた「『〝ウツ〟なんて、心の風邪でしょ』といかにも〝ウツ〟の全てを知り尽くしたような顔で軽く受け流す」傾向がいかに世間に流布されているかを述べたが、実は、こういった中途半端な知識がどれだけ〝ウツ〟の人を追い詰めるのか、筆者が悟ったことを鑑みながら、禁句について、改めて検証してみたい。

 実際にインターネット上で、「ウツ」「禁句」を検索すると、いろいろと出てくるが、今回のテーマにちょうどいいサイトを見つけた。All Aboutという『気になる話題やニュース』のサイトで「うつ病の人に言ってはいけない言葉」という表題のものである。

 詳細は実際に読んでもらうとして、ここには、事例としての禁句が集められている。
(1)誰でも時には気分が落ち込むもの
  (でも、さすがにどん底はないでしょ)

(2)たいした問題ではない
  (いえ、当事者はかなり深刻です)

(3)世の中にはあなたよりもっと困っている人がいるのよ
  (…募金でもしましょうか?)

(4)いったいどうしちゃったの?
 (さあ、どうしちゃったんでしょうね…)

(5)カラオケにでも行かない?落ち込んだ時はそれが一番!
 (カラオケはあんまり好きくないです)

(6)いつまでもメソメソしないで
 (男だって泣きたい時があるんです)

(7)せっかくあなたの為に作ってあげたのに…
 (あんまりおいしそうじゃないから…つい…残しちゃって)

(8)いい加減にして!
  (自分もいい加減、治りたいです)

(9)私を困らせたいだけなの?
  (いえ、自分も困ってます)

(10)役立たず
  (…そんなこと言われても)

(11)あっちへ行って
  (どこへ?)

(12)だらだらしていないで、何かしたら?
 (引き籠ってブログ作ります)

(13)気合が足りない
  (気合が豊富にある食べ物を教えてください)

(14)頑張って!
 (…まだ頑張らなきゃいけないの)

(15)たまには笑顔を見せて
 (男だって悲しい時があるんです)

(16)元気を出して
  (お通じならいいんですけどね)

*下段にあるカッコ内の文章は筆者の悲痛な心の叫びです。

 このサイトについて、個人的にはあんまり評価するのはどうかと思うのだが、少々物足りなさを感じる。〝ウツ〟とは患者本人にとってみれば、想像以上の苦痛であり、生と死の境界をさまよっていると言っても過言ではないからだ。

 だが、このような事例をならべてしまうと、〝ウツ〟の人には、こういった禁句さえ言わなければいいと考える軽く考えられてしまう。これは筆者も経験した。したり顔で、臨床心理士や心療内科医に友人がいるから〝ウツ〟についても詳しいと、いけしゃあしゃあと、のたまわり、自分の体験を引き合いに出しながら、叱咤激励し、あげく重大な決断を迫った。どうも、彼は、友人に臨床心理士や心療内科医がいるから、自分も詳しくなったと錯覚したらしい。


 少し、自慢っぽい話で申し訳ないが、私には、弁護士、外科医、内科医、産婦人科医、眼科医、精神科医、臨床心理士、一級建築士、デザイナー、舞台女優、中学教師、高校教師、日○航○のパイロットと実に様々な職の友人がいる。これに共に仕事をした仲間を加えるのであれば、あの世界的に有名な安藤忠雄氏も入ってしまう(安藤氏とはいつも建築法と消防法のことで衝突した)。


 だからと言って、私は、法律に詳しくないし、医学的知識は豊富ではないし、中学生や高校生の気持ちがよく分かるわけでもないし、当然、飛行機の操縦もできない。所詮、友人は友人でしかないのだ。それをまあ、したり顔をして、恥ずかしくのだろうか。厚顔無恥を地で行く大馬鹿者である。

 さて、話を元に戻そう。では、「禁句とは一体何なのか」についてだが、所詮は参考事例に過ぎない。「うつ病の人に言ってはいけない言葉」は、読者に分かり易くするために書かれた情報、ただそれだけなのだ。

 もう1つ付け加えよう。〝ウツ〟の人は悪い意味での感受性が強くなっている。だから、禁句を避けようとする周囲の気持ちは、患者本人には、ほぼ確実に伝わる。そして患者は、気を遣わせているという自責の念を強くなってしまう。

 では、どういったことを言ったらいけないのか。筆者は、言葉ではなく、むしろ行動として、どのようなことをしてはいけないのか、ということを考えた方がいいと思う。これは3つある。

(1)叱咤激励をしない。
(2)体験を押し付けない。
(3)重大な決断をさせない。


 一方、さきの「うつ病の人に言ってはいけない言葉」では、禁句として

①.うつを軽視する言葉
②.感情的な言葉
③.励ましの言葉

を挙げているが、実に残念なことに、これらは「叱咤激励をしない」行動に集約されてしまう。だから、当事者としては物足りないと感じるのだ。

 〝ウツ〟の患者が出た場合、周囲はものすごく苦労するハメになる。そのことは、筆者自身も当事者としてよく理解している、が、それがまた患者自身の重荷となり、回復をより遅らせる原因となってしまう。罪悪や焦燥感、自責の念がいっそう強くなり、やがて周囲と全く接触がなくなったり、逃げ場を完全に失ったりする。

 そう考えれば、その場を取り繕う手段としての禁句は「百害あって一利なし」であろう。多少我儘を言わせてもらうのであれば、患者周囲の人は、その点を十分に留意して患者と接して欲しい。

 それが、未だ〝ウツ〟という暗黒の領域にいる筆者からの悲痛な叫びである。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。