長崎原爆の日

日常から
08 /08 2014
 今さら言うまでもありませんが、8月9日は長崎原爆の日です。

 筆者は長崎原爆の映画「この子を残して」を見て、大きなショックを受けたことを今でも鮮明に覚えています。

 広島原爆の悲惨さを訴えたマンガ(映画化もされた)「はだしのゲン」と合わせて是非見て欲しいものです。

 なぜ、日本に原爆が落とされたか、アメリカ政府公式の説明では、戦争を早期に決着させるためとしています。

 しかし、筆者は第二次世界大戦後を見据え、原子爆弾を実戦使用することで、アメリカの国力・軍事力を世界に誇示する戦略であったとする説を支持しています。

 実際に、世界はアメリカとソ連を中心にした東西冷戦の時代に突入していき、その代理戦争(朝鮮戦争やベトナム戦争)も起きました。

 ですが、核保有国はアメリカ以外に、ロシア、イギリス、フランス、中国、インド、パキスタン、北朝鮮、イスラエルと、拡散いく結果を生じさせました。

 なんと皮肉な事か...アメリカの思惑とは裏腹に、核時代と呼ばれる恐怖の時代を到来させたわけです。

 筆者は、この日を迎えるに当たり、もう2度と繰り返してはならない愚行を強く胸に刻むと同時に、核無き世界の到来を強く願いたいと思います。

  
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは。

「この子を残して」は本で読みました。映画化されているのは知りませんでした。
是非、レンタルで探してみたいと思います。

私も、「絶対悪」である核を許しません。
1人1人の小さな声から大きな反核の波を起こして行かなければなりません。
戦争の恐ろしさが風化しないように、訴え続けて行きましょう。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

> 1人1人の小さな声から大きな反核の波を起こして行かなければなりません。
> 戦争の恐ろしさが風化しないように、訴え続けて行きましょう。

人類史上最も悲惨であったあの大戦は、決して風化させてはならない、人類の記憶です。
核無き世界の実現のためにも、小さい声を集め、大きな波としたいと私も思います。

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。