携帯電話

日常から
01 /04 2015
 年末年始休暇も今日が最後、明日から、また仕事です。

 今日は、別段有意義に過ごそうなんて愁傷なことを考えていたわけではありませんが、何か虚しく時間だけが過ぎてしまったように思います。

 特にやることもなく...でもありませんでした。携帯を買い換え、それのセットアップに時間を費やしました。今までの携帯と比べると電池の持ちがいいはずと信じていましたが... 思ったより電池の消耗があり、ちょっと不安ですね。

 年も明けたというのに、現在の状態は相変わらず躁鬱混合...フラットが保てていないようですね。躁の気分と、うつの落ち込みが波のように来ています。体が重いのはうつのせいでしょうか。

 つい先日まで、子供達と過ごした日々が、もう懐かしく思い出されている...ちょっと不安定な気分です。やっぱり子供達と過ごした期間は、少し躁気味だったかもしれません。

 不安定さがなかなか抜けないのは困りものです。もっと安定したフラットを目指さなければ...といって気負うのもまただめですね。

 しかし、こうして度々更新ができるのも躁の行動力がなさせているかもしれませんね。躁の行動力とうつの軽い落ち込みがあります。

 そうそう、子供達と言えば、長男が中学生となり、思春期のせいか、親に反抗気味な面が見えてきました。長男は携帯電話が欲しいとのことで、母親(妻)と揉めていました。

 最近の傾向としては、中学生ぐらいから携帯電話を持ち始めている子供が多いようで、長男の学校では携帯を持っていないのは長男を含め、数人程度。

 きちんと親が管理できていれば、あるいは子供達に十分な自覚と認識があれば、別段持たせてやってもいいのにというのが筆者の思いです。

 いえ、これには、筆者の、子供達ともっと交流をしたいという筆者の願望も含まれています。というのも、今は妻の携帯で、電話をやり取りしていますから。

 もっとメールや電話をしたい...という筆者の願いが大きく含まれているわけでして、そういう交流を通して家庭の修復を成し遂げたいと考えているわけです。

 子供達との密な交流は、妻との、今の絶縁状態を解消するきっかけとなるように思っています。子供達の言は、妻にとってみても非常に大きいはず。

 少々無責任な考えかもしれませんね。ですが、子供同士の連絡アイテムとして、やはり中学ともなれば、もう携帯電話は必要なのかも。

 ただ、最近報道されている携帯電話、つまりはスマホの危険性については熟知してもらうよう、しっかりと指導していく必要はありますね。

 そういうことを思い知った年末年始の子供達との交流でした。

 また、ぐちぐちと止め処もないことを書いてしまいました...

 ここまで読んでくれた方、感謝します。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。