E×S+P=M・D

Mental Disorder
02 /07 2013
 ふと思いついた公式です。

 E×S+P=M・D

 例えば〝うつ病〟を始めとする『うつ状態』を呈する精神疾患は様々にありますが、その原因は以下の3つがあると考えられています。

 ①.身体因的要因
 脳それ自体の炎症や外傷、代謝異常、内分泌異常、中毒、感染症などの身体的なレベルにおける脳への侵襲によって引き起こされるもの
 うつ病や双極性障害の場合は、セロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどの神経伝達機能の障害など、脳の障害があります。

 ②.心因的要因
 精神的に苦痛なある出来事に対して反応的(とは言っても、その出来事から随分時間が経過してから発症する場合もあるが)に、また第三者にとって、了解可能な形で生ずるもの
 
引っ越しやペットロス、近親者の死亡、著しいストレス等があります。
 
 ③.内因的要因
 特に明らかな誘因なく発症することは少なくなく、また、たとえ誘因があったとしてもその誘因とは不釣り合いな奇妙な症状が出現することが多く、さらにいったん発症してしまえばその後は誘因に関係なく再発を繰り返すことが強いことなどから、その病気の発生や症状の性質が心因的な了解の限度を越えており、したがって身体的レベルにおける何らかの異常がその疾患の基盤に存在していることが強く疑われるのであるが、現在の時点ではその実態が明らかになっていないようなもの
  遺伝的な要因などがあります。

 これら3つの要因のうち、「身体因的要因」や「心因的要因」は、精神科医や臨床心理士などの専門家でなくとも理解しやすいと思います。しかし、その一方、「内因的要因」は非常に難解なものであり、なかなか理解しがたいものです。このため、「内因的要因」を置き去りにし、「何らかの出来事(例えば強いストレス)」などきっかけとして、脳内の神経伝達物質が分泌異常を起こして発症した」という「心因的要因」や「身体因的要因」のみを取り上げるケースが多くあります。(参考資料:芝伸太郎著『日本人という鬱病』)

 特に〝うつ病〟などは根源的にはストレス等の「心因的要因」があると断じているものもあるくらいです。ですが、③で述べましたとおり、強いストレスがある程度続いて〝うつ病〟となっても、長期間に渡って治療が必要となる,再発性が多いことなど、ある程度の期間のストレスと明らかに釣り合わないことは理解できるかと思います。

 確かにストレスは発症の一因とはなりうるでしょう。しかし、多くの場合、気分が落ち込むなどの抑うつ状態を経て、やがて立ち直ります。

 とりあえず〝うつ病〟や〝双極性障害〟を題材としますが、これらの症状にある抑うつ状態は、時間を経ても治りません。ほっとけば死にます。

 さて、先ほどの公式なのですが

 [E:endogenic(内因的),S:somatic(身体因的),P:psychogenetic(心因的)]

をそれぞれ当てはめました。なお、M・DはMental Disorderです。

 〝うつ病〟にせよ〝双極性障害〟にせよ、まず内因的要因として、その病気の基盤に何らかの異常が存在し、それが、身体因的(脳)に脆弱性(神経伝達物質の制御が困難)と相まって、そして最後に心因的なストレスが加わって発症すると解せばいいかなと思ったわけです。

 この公式に従えば、例えばストレスなどの心因的要因があっても、内因的要因や身体因的要因を抱えていなければ、ただの気分の落ち込みといった抑うつ状態で済むということも言えると思います。

 内因的要因や身体因的要因などは、結局「異常者」なんじゃないのという声も聞こえてきそうですが「身体因的要因」のみを負っている人について、例えば、生まれつき、身体的な障害を負っている人が挙げられます。また「内因的要因」を負って生まれてくる人の代表的なものとしては、トリソミー症があります。

 ですが、これらの人を果たして「異常者」と呼ぶでしょうか。少なくとも常識ある人であれば、まず言わないと思います。

 どこまで、この公式が当てはまるかは何とも難しいところですが、多分、だいたいの精神疾患にはあてはまるのではないでしょうか。

 〝うつ病〟にせよ〝双極性障害〟にせよ、ともかく、その抑うつ状態を見て「原因は何?」という爆弾を落としたがります。多少機転の利く人であれば「遺伝的要因として、もともと体の弱さがあり、まあぶっちゃけ、ストレスで脳に神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンがちょっと分泌異常をおこしちゃって、薬で治療してるんだ...」と言って、相手に目を白黒させ、ハトが豆鉄砲を食らったような顔を楽しむことも出来ましょう。

 筆者は、せっかく思いつたことですし、『「E×S+P」らしいんだ』と簡単に言って、相手がどういう顔をするか、観察するのもいいかな、と思います。

                                                  Fin
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。