知的羞恥心

Mental Disorder
03 /05 2013
ブラックジャックをよろしく_1
   「ブラックジャックによろしく(佐藤秀峰 著)」第4巻より抜粋 マンガ on web


 やっぱり「ブラよろ論」のテーマは重い、とかく重いです。

 さて、かれこれ20年以上も前ですか。晴れて大学生活を満喫し始めたその矢先、ある教授から言われたのが「〝知的羞恥心〟を持て!」という言葉でした。

 〝知的好奇心〟なら知っているけど、〝知的羞恥心〟とは...その意味を知った時、楽しいはずの大学生活、初っ端から冷や水をかけられたような気分になりました。それを今でも鮮明に覚えています。

 〝知的好奇心〟が〝知的羞恥心〟の対語となるかどうかは分かりませんが、要は〝知的好奇心〟を持って意欲的にいろんなことを学ぶ姿勢はとても大切だが、同時に「知らないことを恥と思え!」という事です。

 以下、少し、政治臭があるかもしれませんが、政治的なこと(例えば〝タカ派〟〝ハト派〟〝右派〟〝左派〟とか)をどうこういうものではないとご了承ください。

 例えば、今の尖閣問題において、「友好的な解決をするためなら、尖閣諸島を譲っても構わない」と本気で思っている人がいれば、歴史を(日本史だけでも)、もう一度勉強し直してください。

 「原子力発電をやめて、代わりに地熱発電や風力発電、太陽光発電とかをどんどんやっていこう」と本気で思っている人は、今一度、公害問題を勉強し直してください。

 こういった問題に、例えば、過去に学ぶ姿勢ことは大変に重要なことです。そこに何らかのヒントがあり、今後の解答への道しるべとなるのです。

 そもそも学問は過去からの膨大な積み重ねによって形作られたものですからね。これかも、きっとそうでしょう。


 物事に関心を持って学ぶことが、いわゆる〝知的好奇心〟であれば、〝知的羞恥心〟とは、無関心に学ばない姿勢を恥じなさい、ということですね。

 かの哲学者ソクラテス曰く〝無知の知〟とは、まず〝知的羞恥心〟にありき、ということなのかな、と筆者は考えたりします。
Fin

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。