非凡と平凡

日常から
06 /25 2017
 無事に帰京しました。

 まあ、そこそこの時間、飛行機に乗ってて、うとうとしながら、ふと考えていたのが、最近、社長がよく口にする、非凡な発想という言葉でした。

 そもそも、非凡ってなんだろう、そんなことから、この想像というか、そういうものがむくむくと心にわいてきたわけですが...

 それを考えるなら、まずは、平凡ってなんだろう、それは「これといったすぐれた特色もなく、ごくあたりまえなこと」ないうことですが...

 そして、非凡は「普通より特にすぐれていること」という意味なのですが、この特に「特にすぐれていること」って、簡単にあるものなのか...

 非凡は特別なこと??、そうそうないことなのだろうか??、そして、そういうものをねだるのはないものねだりじゃないか??

 その時、筆者はある発想に到達したかに思いました。非凡って、ひょっとして平凡なもの、考え方の積み重ねなんじゃないか??

 そもそも、平凡、つまりは普通の考え方がベースにないと、非凡っていう、例えば発想というものは生まれないんじゃないか??

 常識的なものの積み重ねの中に、ふと疑問を感じた時、そして、それを何かクリエイティブな方向に持っていけた時、非凡というものが生まれるのじゃないか??

 つまり、幾多の平凡が存在するからこそ、平凡という器の上に、初めて非凡というものが生まれるのではないかという可能性です。

 常識的な発想や行動の積み重ね、それを疑問と思わず、とりあえず行動し続けるあまたの平凡があってこそ、非凡が生まれるのです。

 ということは、非凡な発想とは、まず、ベースに幾多の、数多くの平凡な発想の積み重ねがないと起きえないのではないか?

 非凡なる発想は、平凡な発想の延長線上にあるということ。幾多もの平凡の上に初めて成り立つということ。そうそう可能性のあるものじゃないですよね。

 じゃあ、凡人たる筆者には、非凡なる発想の機会はないかというと、これは可能性ですが、躁うつ病の人はクリエイティブな人が多いという事実があり...

 まあ、この疾病には苦労を掛けられますが、少しは他人よりチャンスがあるかも、ということを前向きに捉え、明日も平凡な発想をしていきます。

 とりあえず、そんなところで...
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

難しいテーマ

おはようございます。

難しいテーマですね。
非凡ですか…
今の自分にはちょっと無理かもしれないですね。
平凡に生きるので精一杯かも。

ポチ☆

Re: 難しいテーマ

こんばんは、kaionさん
気分が高まっていたせいか、つい、こんなことを書いてしまいました。
どうやら、出張で気分は一気に上がってしまったようです。

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。