PM2.5って?

日常から
03 /20 2013
 最近ニュースでよく聞きますね、PM2.5

 「とても健康に悪い」と聞きますね。

 でも、なぜ健康に悪いんでしょうか。きちんと説明した番組やサイトははあるんでしょうか。

 では、さっそくググってみましょう。Let's Google!(笑)

粒子状物質(Wikipedia)
PM2.5とは「微小粒子状物質」のことで...健康への悪影響が大きいと考えられている。
っていきなり結論ですか!?

微小粒子状物質(PM2.5)に関する情報(環境省)
2.5μm(1μmは1mmの1千分の1)以下の小さな粒子のことで、非常に小さいため、肺の肺の奥深くまで入りやすく、肺がん、呼吸系への影響に加え、循環器系への影響が懸念されています。
って肺の奥まで入るから健康に悪いの??と、う~んいまいち。

EICネット[環境用語集:「PM2.5」]
直径が2.5μm以下の超微粒子。(
中略)ぜんそくや気管支炎を引き起こす。(中略)肺胞など気道より奥に付着するため、人体への影響が大きいと考えられている。やっぱりいまいちですね。

 何か、微小粒子状物質≒肺の奥まで入るから健康に悪いってなっており、肺の奥まで入ると、なぜ健康に悪いのか? という肝心なところを飛ばしてますよね。

 まあ、もう少し頑張ってググれば見えてくるんですが、「微小粒子状物質は、肺に入り込むと、粒子が細かすぎるため、呼吸で吐き出すことが出来ず、肺に残留し付着する」そして、異物としてずっとそこにあるから、「微粒子の組成によってはぜんそくや気管支炎、時に肺がんの原因物質となりうる」し、場合によっては「血液中に入り込み、毛細血管などを詰まらせる」ことがある。もし、その場所が脳みそだったら、脳卒中、心臓(心筋)だったら心筋梗塞を引き起こす可能性がある...本来ならばここまで説明しなきゃいけないんでないのって思ったんです(あぁ、説明が長くなってしまった)。

 日本は高度成長期時代、一度、このPM2.5を経験していますが、あまり、上記のことが周知されていないようですね。

 筆者はたまたま知ってました。本当、たまたまです。粉じんの多いところで仕事をしていたことがあり、微小粒子状物質も遮るマスク等、もろもろの粉じん対策セットの着用を義務付けられていましたから。

 でもヘルメット、ゴーグル、粉じん用マスクのいでたちは、思いっきり不気味です。黒くペイントして、そんでマントを羽織れば、今日からあなたもダースヴェイダー(笑)。そんなんで、道を歩いていたら、すぐに捕まりますよ、きっと。でも、こういういでたちじゃなきゃ、防げないのも事実です。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。