Star Warsと...の番外編、そして『HUKUSHIMA』

天変地異
03 /11 2013
A long time ago in a galaxy far,
far away…


 先日「デススター建造計画、マル秘情報を入手!」という記事を書きましたね。

 米政府の公式回答は以下のように発表されました。
デス・スター建設に対する公式回答1 デス・スター建設に対する公式回答2
(拡大して見てね)

 ソースはこちら『「デス・スター建設の請願」、米政府の公式回答』

 今回はデス・スターとそれに関連することを語りたいと思います。


 Star Warsにおけるデス・スターの兵器としての立ち位置は「宇宙要塞」です。要塞とは軍事的防備施設のことです。だから、要塞の陥落は敗北を意味します。だから、たとえ宇宙にあるものであれ、要塞は難攻不落でなければいけません。

 しかし、EP.4で、初代デス・スターは、Lukeが乗る一人乗り用の戦闘機(Xウィング)に破壊されちゃいました。ストーリー上では、この要塞はとんでもない欠陥を抱えており、そのために破壊されたことになっています。

 そして、その失敗を踏まえ、構造的欠陥を見直した第2デス・スターは、完成すれば難攻不落を誇る「宇宙要塞」となるはずでした。しかし、建設途上で破壊され、同盟軍の危機的状況を回避されました。

 さて、筆者は、仮に初代デス・スターが欠陥を抱えていなくても、また、究極兵器と目されていた第2デス・スターが完成したとしても、いずれ同盟軍によって破壊された(陥落した)だろうと思っています。

 確かにデス・スターは、正面から挑めば、難攻不落でしょう。おそらく破壊できなかったと思います。しかし、破壊はできる...とはいったい、どのような意味か...

 これは、実に簡単な話です。たとえ、強固なハードウェアによって構築された完璧な要塞であっても、それを動かすのはあくまで人間だからです。

 つまり、完璧なハードウェアを構築しても、絶対に回避できないソフトウェア上の小さなほころび、いわゆる〝ヒューマンエラー〟によって、完璧なはずのハードウェアが崩壊する(この場合は要塞が陥落する)事は十分にあるということです。

 デス・スターにおけるソフトウェア上の欠陥、それは、簡単に潜入するが可能であったことでしょうね。実際に、EP.4ではLeia Organa救出のため、Luke SkywalkerとHan Solo、そしてObi-Wan Kenobiは、いとも簡単にデス・スター内に潜入しました。

 しかも、Obi-Wanは中枢部にまで侵入しました。もし、Obi-Wanにその気があれば、デス・スター内のエネルギー炉を破壊し、Darth Vaderもろともデス・スターを葬りさることすら可能だったでしょう。


 〝ヒューマンエラー〟という名のソフトウェア上の欠陥、それは、まず運用する人間が想定しないこと、あるいは思い込みといった、小さな事象から始まります。

 そして、時として、小さいはずの〝ヒューマンエラー〟が、ソフトウェア上のわずかなほころびが、まさにドミノ倒しのように連鎖し、ハードウェアを回復不能なまでに破壊しつくします。

 思い出しませんか、2年前の『HUKUSHIMA』を... いかなる災害にも対処できると、決して重大な事故を起こさないと喧伝されていたはずの原子力発電所が...

 巨大な津波を想定しなかった、あるいはに備えなかった...という小さな〝ヒューマンエラー〟小さなほころびは、長い時を経て、やがて、あまりにも突然にハードウェアを崩壊させる破滅の呼び水となりました。

 原子炉という名のハードウェアは制御不能となり、メルトダウン、メルト―スルーへと至りました...原子力発電史上2番目の重大事故にまで発展しました...

 2年目の3月11日に迎えるあたり、筆者が改めて思うのは、たとえ、どれほどの完成されたハードウェアを構築したとしても、それを運用するのが人である以上、〝ヒューマンエラー〟は必ず存在するものであるという事。

 筆者は、一人のエンジニアとして、もう一度それに思い巡らせる1日としたい...そう思います。


 また、この場において、改めて、2年前の東日本大震災によって亡くなられた方々に、深く哀悼の意を表します。

アルマゲドンか??? その3

天変地異
03 /01 2013
このたび、ロシアの隕石をUFOが破壊したことに関する否定論のコメントをいただきました。ありがとうございます。

ブログはこちらです。非常に興味深い内容でしたのでご紹介します。
アメブロ「エレニンニモマケズ」

さて「タラレバ」論調で今回、どうやってUFOが隕石を破壊したのかどうかを検証していきましょう。

まず、UFOが隕石をどのような方法で破壊したか?? ですが、以下の3つの方法があると思います。

 1.体当たり(笑)
 2.発破による破壊
 3.レーザーによる破壊

UFOが破壊したとかなんとかいう映像をみると、どうも体当たりっぽく見えます。ということは「体当たり」か。でもよく考えてください。遥か数万光年(いやもしかしたら数億光年)離れたところから、ひょいっとやって来れたのです。地球より間違いなく遥かに科学力の進んだ知的生命体でしょう。仮に、〇メリカ〇衆国や〇シア〇邦などと、地球を守ってやる(笑)などの密約を結び、今回の隕石落下を防いだとしましょう。それだけの科学力を持った知的生命体が、なぜに体当たりという無謀な作戦を敢行したのか。ちょっとありえないんじゃないかと思います。

では2番目の「発破による破壊」です。方法は3つあると思います。

 ・TNT火薬に相当するもので破壊
 ・核兵器による破壊
 ・反物質による破壊

まず、TNT火薬っぽいもので破壊するとしましょう。この隕石を破壊するのにどのくらいの破壊力が必要かですが、まあ、今回の隕石の破壊力が300キロトンだったので、え~い、このくらいにしちゃえ(笑)。そうするとTNT火薬は300000トン(=30000000kg)必要です。そんなもん持ち歩いて大丈夫か。UFO!!

TNT火薬では効率が悪そうなので核兵器にしてみましょう。とすると、広島原爆約2個分、持ち歩くにはいいのですが、そんなものを上空で爆発させようものなら、ロシア市民はソニックブームの被害ばかりでなく放射能の被害まで受けてしまいます。ということで、これもだめ。

では反物質、科学力の進んだUFOの知的生命体ならきっと簡単に反物質ぐらいつくれるでしょう(笑)。反物質は物質と接触することで対消滅し莫大なエネルギーを放出します。1gで約90兆ジュールです。では300キロトンのエネルギーを得るために必要な反物質はというと約46.5μg(マイクログラム)です。おお、これなら大した量じゃない...が、もし、うっかり手が滑って、倍以上の反物質が生成されたら、〇シア連邦は消滅してしまします。また、対消滅も核と同様、大量の放射線(ガンマ線)を放出します。いろいろと資料を調べた結果ですが、んん~1億ベクレルのガンマ線が放出される(と一応計算してみたけど...自信がありません)ことになります。じゃあ、放射能の被害は避けられなぢゃん...という意見も聞こえてきそうです。

ということで、「発破による破壊」もだめということになりました(たぶん...汗)。

ではかっこよく「レーザーでの破壊」という方法をとってみましょう。レーザーによる物質の破壊(すなわち融解方法)には、「熱伝導型」と「深溶込み型」というのがあるらしいです。「熱伝導方式」はある程度の面積にレーザーを照射し、表面からじわ~と溶かしていく方法です。一方「深溶込み型」は、ある程度集中させて、ちょうど穴を穿つようなやり方です。隕石というある程度の面積と質量をもった物質を、どうやったら地上への被害を少なく破壊できるかというと、やはり「熱伝導型」で一気に隕石を蒸発させる方法がいいでしょう。どろどろ~っと溶けて、隕石は気体になりますから。が、しかし、今回、隕石はなぜか爆発しました。なぜか、個体から液体へ、そして気体へと一気に変化した場合、体積は一気に膨らみ、大爆発を起こします。例えば、水という液体を一気に過熱して水蒸気に変えた場合、体積は約1000倍になり、大爆発を起こします(これを水蒸気爆発という)。

さらに付け加えると、もし「レーザーによる破壊」というのであれば、なぜ、あれほど隕石に接近したのか。レーザーはほぼ真っ直ぐに進みます。わざわざ隕石のそばに行く必要はありません。遠くからピーっとレーザーを発射すればよかったのです。にも関わらず、UFOは近づいて爆発させました。これじゃ「体当たり」となんら変わりません。そこまで危険をおかしてまでUFOは、それに乗る知的生命体は、身の危険を顧みず、まさに特攻したのでしょうか。どう考えても、その行動は「体当たり」と同様、矛盾しています。

もし、今回、UFOに乗る知的生命体が隕石を破壊した...というのであれば、いずれの方法であれ、知的とはほど遠い矛盾した行動です。あまりに残念な知的生命体です。

ねえ、本当にこういう知的生命体と密約していいの...

お後がよろしいようで 

あ~長くなっちった...

緊急地震速報でパニクッて(笑)

天変地異
02 /27 2013
先日ですか、一昨日だっけか、日光市付近を進言とする地震がありましたよね。

筆者の住まいは関東地方なので、緊急地震速報が鳴りました。

しかも3つの携帯が大音量で同時に鳴ったのでかなりびっくり、というか仰天し、一瞬パニック状態(笑)

筆者は携帯電話機を3つ持ってます。1つは会社からの支給品、もう1つは個人用。

そして、以前使ってた携帯(なんちゃってPDAとして使っています)。

まさかこれまで鳴るとはびっくりしました。

回線は切れていると思ったけど、緊急地震速報は受信するんですね。

3つも持つもんじゃないですね。なんちゃってPDAの電源は切っておこう(笑)

アルマゲドンか??? その2

天変地異
02 /23 2013
やっぱり...と思ったんですが、『ロシア隕石をUFOが撃墜!』ですか...

バカバカしくてお話になりませんね。

これだけの質量の物体が高速で地球の大気圏内に入ってくれば、別にUFOが撃墜しなくてもバラバラになりますって。

そもそも落下する隕石を追いかけて撃墜するなんて、回りくどい方法とらず、大気圏突入前に撃墜すればよかったのに(笑)

はっきり言っていい迷惑です。大気圏突入前に撃墜していれば、負傷者は出なかったんですよ(笑)

UFOとは、異星人とはそんな「ええかっこしい」なんですかね。

「ワレワレハ インセキヲ ウチオトス カガクリョクガ アル」ですか...異星人のドヤ顔が想像されます(笑)

今後、隕石の撃墜は大気圏突入前にしてください。お願いしますよ、本当にもう。

アルマゲドンか???

天変地異
02 /20 2013
 本当は、「双極性障害は…」のその3を書くつもりだったのですが、土曜日に起きた驚くべきニュースがあったので、そっちにシフトした話を。

 もちろん、ロシアに落下した隕石の話です。

 一つ目、映画「アルマゲドン」を見た方は知っていると思いますが、ニューヨークに隕石のかけらが降ってくる冒頭あたりのシーン、結構リアルに表現してたんですね。今回落下した隕石の様子は、映画「アルマゲドン」の描写とよく似ており、あんなふうに落ちて来るんだぁと知りました。

 二つ目、ロシアはつくづく隕石などの天体物の落下に縁があるようですね。1908年6月30日にもロシア連邦クラスノヤルスク地方に隕石らしきものが落下し、大変な被害が出ました。この事件は「ツングースカ大爆発」と呼ばれるものです。ググってみれば分かると思いますが、落下したものが未だによく分かっていません。一応「隕石説」「彗星の破片説」「ミニブラックホール説」など様々あります。

 このほかにも「反物質説」や「超古代迎撃システム発動説」などがありますが、私見ですが「反物質説」はちょっとありえないんじゃないかと思います。なぜなら、「反物質」というほぼ存在しえない(全くではない)ものです。その辺に落ちてるもんじゃありません(笑)。それが、太陽系内の例えば地球のそばで偶然に生じ(対生成)、偶然に地球に落ちる確率なんて、それこそ異星人に会う確率よりもはるかに低いんじゃないかと思います。「超古代迎撃システム発動説」に至っては、荒唐無稽な話です。た〇出版の〇澤〇一郎あたりの人なら言いそうな話です。「実は私も一台持ってまして...」なんて言いそう(笑)。

 三つ目、今回の隕石は「衝撃波」なるものが発生したと説明してますが、実に分かりにくい。どうも日本のマスコミは「〇〇波」という呼称が好きなんだなぁと思いました。それだとお子様が「〇メ〇メ波」と混同しちゃうぢゃないか(怒)。私見ですが「衝撃波」よりも「ソニックブーム」という言葉の方がいいんじゃないかと思います。

 猿でもわかる「ソニックブーム(衝撃波)」の原理ですが、これは空気中を音速以上で飛行すると飛行体が音の壁を壊すためであるということです。身近な例でいくと、その辺の壁(家の壁でもいいです)を叩いて壊してみましょう。壊れた瞬間、壁がぶるぶる震えるでしょ。これが「ソニックブーム」にあたるものなんです。ハンマーとかで家の壁を壊したぐらいじゃ、そんなに壁は震えませんが、工事用の鉄球で壁を壊して御覧なさい。ドスンと振動がつたわるでしょ。これと一緒です。まったく、もっと分かり易く言えばいいのに。

 四つ目、今回の隕石のように地球に落下する物質は、そのほとんどが地上に達することなく光って消滅します。これを「流れ星」と呼びます。言われなくても知ってますよね。ものすごく明るいものは「火球」と言います。で、時に「流れ星」や「火球」が音を立てて流れるのを御存知でしょうか。先の「ソニックブーム」とは違うものです。

 有名なものとしては、夏の夜空に現れる「ペルセウス座流星群」が有名です。筆者は何度か聞いていますがキューン」とかビュヒューン」とかします。隕石落下に伴う「ソニックブーム」とは違い、流れるのと同時に音がします。なぜ音がするのか、「電磁波説」が有力視されていますが、未だによく分かっていません。
 
 もし「流れ星」の音が聞きたいのであれば、是非「ペルセウス座流星群」を見てください。今年は8月12日13日にいっぱい流れるそうです。今回は月明かりもなく、非常によく見えるとのことです。どこか星の綺麗な田舎に行ってみてください。小一時間、空を眺めていればきっと音がする「流れ星」もみれるはずです。

 でも暗いところに行くときは一人で行かないこと、そして、何よりマナーを守ること。ゴミの投げ捨てはもちろん、騒がない(ものすごく明るいものが流れた時や、音がした時に「チョーすげー」とか「チョー最高」というぐらいはおK)こと、そして、灯りは控えることです。キャンプ用のランタンなどもってのほか、コンサート用のペンライトぐらいにしてくださいね。

 最後に付け加えておきます。大変重要なことです。心して読んでください。
 ペンライトであれ、懐中電灯であれ、空に向けて絶対に点滅させないでください。UFOを呼んでしまいます(笑)。E・Tなどの友好的な異星人であれば問題はありませんが、宇宙には「〇イヤ人」や「〇リンゴン人」など好戦的な異星人や「〇ット人(例〇ャバ・ザ・ハット)」のような犯罪に手を染めている異星人もいます。万一、そんな好ましくない異星人と遭遇してしまうとアブダクションに合い、地球に一生帰れない可能性が高いので。絶対に空に向けて光を点滅させないこと(大事な事なので二度書きました)。



お後がよろしいようで 

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。