帰ってきても忙しい...

日常から
05 /19 2017
 出張から戻り、一息付けると思いきや、甘かったようです。

 上司までもが出張に行くなど、社内は非常に忙しい状況となっています。

 かくいう筆者も、今朝は5時起きで、日帰り出張へ...

 帰社してからも、いろいろと仕事が山積し、また忙しい...

 おかげで、気分が一気に上がってしまいました。

 落ちるよりはマシでしょうが、こう気分の上下動があるのも...

 もっとも、気分の上昇は、何も忙しさにばかり原因があるようではない...

 社内で仕事をすればしたで、いろいろとあるんです。

 それでも、明日・明後日は休日の予定です。

 久々の水槽の換水やらトリミングやらで、いい休日としたいものです。

別に辛いことがあったわけではないけど、何か気分が低下...

日常から
05 /18 2017
 出張が終わり、久々に出社、でも、何か気分が低下気味です。

 疲れた、という気持ちもあるのでしょうが...

 何となく、気分がブルーになっています。

 でも、何となく原因も分かっています。

 心の葛藤の場に戻ってきた、という事なんでしょうね。

 今も、心の悩みは続いています。

 で、その心の葛藤が続いているわけで...

 出張中は少し浮ついた気分もあり...

 ガクッと落ちた様な感覚があります。

 軽躁から一転うつ落ち、などとならないよう...

 少し用心して、過ごしていきたいと思います。

帰京

日常から
05 /17 2017
 本日、無事に帰京しました。

 夕方に飛行場に着いたので会社に連絡し、直帰...

 水槽は無事でした。

 早速、餌をやると
写真20170517
 エビ玉が出来てしまいました。

 いったい何体いるのやら...

 さて、飛行機に乗っている間、1つ考え事をしていました。

 それは、今朝、NHKでやっていた「励まし上手」です。

 1つの言葉が、人生を救う時もある...

 そんな経験をしたことがある筆者ですが...

 以前、記事にも書いたことですが、筆者を救った一言は、全く無関係の人でした。

 うつという周囲にとってはあまりに重い疾病に陥った時、家族は残念ながら無力でした。

 別段、文句を言っているわけではありません。それだけ、精神疾病というものが如何に難しいものであるかを如実に示したことであることを語っているわけでして...

 もちろん、家族が、うつを患った当人を救うことは多々あります。筆者のようなケースは、マイノリティなのだと思っています。

 まして、筆者の場合、双極性障害、うつと躁が交互に襲ってくる疾病です。どうすればいいのか、分からないという家族の言は残念ながら、自然なのかもしれません。

 そんな時、ネットの向こう側にいた人は「とにもかくにも、心療内科なり、精神科なりに行くことをお勧めします。今は休むべき時です。」と伝えてくれました。

 そして、心療内科にかかった結果、双極性障害のうつ病相と判明し、そして休職が決まった時、「余計なことを述べてしまったのではと心配してました。療養することが決まってほっとしました」とネットの向こう側の人は言って(書いて)くれました。

 たとえ、全く知らない人であれ、うつに苦しんだ経験のある人が、最も理解を示し、そして導いてくれたこと、今、思い出しても少しウルッとしてきます。

 とりあえず、苦しい胸のうちをしっかりと聞いて(読んで)くれたこと、それが一番の救いでした。その時、筆者にとって必要だったのは励ましではなかったわけです。

 それを、身をもって知った筆者...その恩を、今は片時も忘れたことはありません。その恩に報いるためにも、筆者は、もし、同じくうつに苦しむ人に遭遇した時、同じく、救いとなればと思っています。

 が、果たして、本当に、どう接すればいいか、やはり、うつ経験者とはいえ、やはり難しいと思います。

 ですから、今回の番組は大変参考になりました。これは、うつの人と接するにあたり、大変参考になると思います。

 筆者も、例えば、この番組にあった、聞き上手に徹することができれば、と思います。

 まあ、そんなことをいろいろと考えていたら、いつの間にか、飛行機は空港に着いてしました。

 明日は、通常出勤。出張中に仕事をいろいろとまとめなければならず、忙しいかとは思いますが、無理せず仕事をこなしていければと思います。

出張終了へ

日常から
05 /16 2017
 昨日、今日と朝5時半から仕事を開始し、何とか、今日、仕事が終わりました。

 多少、無理した甲斐があったということです。無事に終わって、ほっと一息。

 明日、飛行機で帰京します。

 しかし、寝不足もあるせいか、イライラ感が増しています。

 だいぶ疲労がたまっているのでしょう。

 なにしろ、早朝覚醒や中途覚醒に悩まされましたから。

 さて、家の水槽はどうなっているでしょうか、

 オトシンクルスは飢えていないだろうか。心配です。

 まあ、明日には帰りますので、何とか無事であることを祈ります。

せめて夢の中では

日常から
05 /14 2017
 前回の記事でエビリファイの効果が出てきたかも、と書いていましたが、昨夜は何度も中途覚醒してしまい、かつ早朝覚醒も起きてしまいました。

 効果は一時的なものだったのか、と少しばかり不安になってしまいました。というのも、前回は、だいぶ頭が疲れてきたという感覚がありましたので...

 ひょっとしたら、この疲労感が一時的に早朝覚醒を緩和させたのかもしれません。まあ、しばらく様子を見なければなりませんが...

 それと、心の葛藤を反映するかのような夢も見ました。

 以前、主治医が言っていたのは、夢は、今の葛藤や悩みを反映し、解消する役目を果たすので、そのような夢を見るのは普通とのこと...

 では、心の葛藤が、意外に重く、心にのしかかっているのかもしれませんね。そして、それを解消するような夢を見るのかもしれませんね。

 確かに、目覚めにおいては、「ああ、あれは夢かぁ」とkがっかりするころが確かにありますので...

 でも、せめて、夢の中では、少しばかり、心の葛藤が解消されている分、まだ、ましと言えるかも。

 なぜなら、どこまでも、まさに夢の中にまで、心の葛藤に追いかけられることはないわけですから。

 今日は、仕事は休みです。でも、宿で、今までの分の取りまとめをしなければいけません。

 結局、仕事かぁ、とがっかりしてしまいますが、今は、少しでも、仕事を進め、早いとこ、出張を終わらせたいと思います。

 まあ、休日の今日は、少しばかり時間的余裕がありますから、のほほんと、無理せず、仕事を進めます。

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。