Star Warsと...番外編 「絵にかいたような悪役の存在」

Star wars
04 /22 2013


 Star Warsにおける銀河帝国は、マキャベリズムをストライクで描いています。そのため、ストーリー的に「独裁者=悪」にしやすい構図となっています。

 しかし、あっちの銀河ではなく、こっちの銀河の、地球の歴史から言えば、独裁者=一国の統治者が必ずしも悪いわけではないケースもあります。

 ちょっと考えにくいのですが、独裁者が非常に善良であった場合、国家は共和主義や民主主義とは比べ物にならないほど安定する可能性があるのです。

 もっとも、とても善良な独裁者は、通常ありえません。なぜなら、国家の安定のために、時には何らかの形で手を汚さざろう得ない、マキャベリズムの粋を行かなければなさないからです。

 AnakinはJediのやり方に不信感を覚え、Sithとなり、独裁者に手を貸したわけですが、よく考えてみると、JediもAnakinがそういう立ち位置になりざろう得ない状況を作ったのも事実です。

 Jedi Councilから見える民主共和制は、不安定極まりない。誰かがまとめなければならない...Anakinはそう思ったから、その障害となりうるJediを一気に殲滅したのでしょうね。

 Anakinは個人的発想からそういう結論に達したのですが、Jedi Councilも一時預かりという形ではありますが、同じ結論に達していました。

 問題なのは、発想が個人的でしかも歪んでいた。さらに相当程度の力(Force)を持っていたため、客観的な視点からするとAnakinは、独裁者として映ってしまうことです。

 だからといって、集団(Jedi Councilであればいいか...というとそれもまた、如何なものかと...

 少数の勢力が大多数を統治するのも、また、独裁的であり、それが善良な集団であっても一歩間違えれば、マキャベリズムそのものとなります。

 あっちの銀河で、旧Jediの滅亡がどのように歴史の教科書に書かれるかは分かりませんが、映画で見るかぎり、旧Jediによる少数統治に必ずしも正義であったとは言えないと思います。

 だから旧Jediのやり方を姑息とも言えなくもない...必ずしもAnakinのみが間違えたのではない...と書く歴史の教科書が一冊ぐらいあってもいいんじゃないかと筆者は思います。
Fin

Star Warsと双極性障害 第5章

Star wars
04 /20 2013
A long time ago in a galaxy far,
far away…


 さて、いよいよAnakin SkywalkerはObi-Wan KenobiのPadawanとして、Jediの修行を開始しました。しかし、Jediの修行内容について、詳細なことが描かれたものはほとんどなく、どのような修行であったかをうかがい知ることはとても困難です。  アニメ版として公開された〝The Clone Wars〟では、Anakinの弟子(Padawan)として、Ahsoka Tanoの成長が描かれていますが、これは、Jediとしての実地訓練(後述の⑤)のみを示したものであまり参考にはならないと思います。


 筆者は、どのような修行かを推測する最も適切な場面は、Millennium FalconでObi-WanがLuke Skywalkerに教えたLightsaberの使い方(EP.4)や、惑星DagobahでのMaster YodaによるLukeのForceについての修行(EP.5)にあると思います。

 一応、この動画で修行の一端を垣間見ることが出来ますが(汗)

 これらから、Jediの修行とは

 ①.Marksman-H combat remoteによるLightsaberの使い方  
 ②.Forceの知覚(認識)
 ③.Forceの操作(というよりより大きな流れを利用する)方法の取得
 ④.剣術(型)の取得
 ⑤.MasterとともにJediの任務を行って経験を積み、個人的も指導を受ける。

 ①・②・③・④はJedi Templeで、そして⑤は実地訓練として行われたのでしょう。なお、⑤は、①・②・③・④が一定のレベルに達していないと行われなかったかもしれません。でなければ、あまりに危険すぎます。

 そして、これらが一定のレベルに達すると、Jediの試練を受けることが許され、そして合格するとJedi Knightに昇格するのでしょう。

 さて、惑星DagobahでのMaster Yodaによる修行は、Lukeにとって、かなりの忍耐を必要としていたことが描かれています。ではAnakinはどうだったでしょうか。Jedi Templeでの修行は、やはり相当の苦痛であり、かなりのストレスを抱えていたと思います。

 そして、20歳を迎える頃には⑤の修行が始まっていました。この間、Obi-WanはAnakinを立派なJediに育てようと、懸命に指導してきたことでしょう。しかし、この善意はあまり伝わっていないことがEP.2で伺えます。ひょっとすると、この頃からAnakinは無意識にObi-Wanに対する怒り、そして憎しみを抱き始めていたかもしれません。もうMaster Obi-WanよりもForceが強くなっているのに...と。

 

そして、10年間の修行を経て
もしかしたら、葛藤を抱えながら...


 そう、Jediの修行こそがAnakinに対する精神的抑圧を与える出来事であり、結果として双極性障害の発症リスクを高めてしまったと考えられるのです。しかし、もし、Anakinが抱える葛藤を、Obi-Wanがもっとより親身にAnakinに接し、それを洞察していれば...この時こそが、双極性障害の発症リスクを下げる、あるいは、発症に備える2回目のチャンスだったと筆者は思います。しかし、それを両者ともに知ることなく、チャンスの機会を失いました。 そして、ある悲劇がAnakinを襲い、ついに双極性障害の躁病相が具現化されてしまいました。

 これは次章で述べていくこととしましょう。 それでは

『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)

今回使用した画像ファイルはスター・ウォーズの鉄人!から転載させていただきました。

Star Warsと双極性障害 第4章

Star wars
02 /23 2013
A long time ago in a galaxy far,
far away…

Master Yode:Hmm. How fell you?

Anakin Skywalker:Cold, sir.

Master Yode:Afraid are you?

Anakin Skywalker:No, sir.

Master Yode:See through ypu we can.

Mace Windu:Be mindful of your feelings.

Ki-Adi-Mundi:Your thoughts dwell on your mother.

Anakin Skywalker:I miss her.

Master Yode:Mmm. Afraid to lose her, I think, mmm?

Anakin Skywalker:What has that got to do with anythings?

Master Yode:Everything. Fear is the path to the Dark side.

Master Yode:Fear leads to the anger. 
                  Anger leads to hate.  
                  Hate leads to suffering. 
                  I sense much fear in you.


(EpisodeⅠ AnakinのJediへの入門テスト) 

 Master YodeはAnakin に対し、何らかの不安感を感じたのでしょうか...後に「Clouded this boy's future is」と述べています。

 Dark sideは、たとえ偉大なJedi Master Yodeであろうと見通すことはできない...だから、Anakinにある不安要素...双極性障害の発症リスクと循環気質に由来する不安定な心が、将来、好ましくない出来事を招来させてしまうのかもしれない...と思ったのでしょう。

 ただ、YodeはあくまでJedi Masterであり、精神科医でも臨床心理士でもありません(笑)。だから、これは、あくまでもForceの直感によるものであり、何か危険なものがAnakinに潜んでいる可能性を感じたからこそ述べたのです。

 さて、前章で述べた『双極性障害の遺伝的形質の付加がDarth Plagueisの意図したものなのか』について、筆者は意図的ではなく、偶発的に付加されたと考えています。

 その理由はDarth PlagueisとAnakinは種族が異なる(Darth Plagueisはムーン)ことです。もし、後々、魂の錬成によって生み出した人物を自分の弟子にするのであれば、自分と同じムーン種族にした方が何かと都合がいいでしょう。




 しかも、よりにもよって、生み出された生命(Anakin)はDarth Sidiousと同じ種族になっています。AnakinをDarth Vaderへ容易に転身させる上で、Darth Sidiousにとって大変都合の良いものでした。

 Darth Plagueisの意図しない、双極性障害の遺伝的形質を持つことで、Anakinの病前性格の1つである易怒性が内在することとなりました。だからMaster Yodeは「Fear leads to the anger.」と説いたのです。

 逆説的ではありますが、実は、このシーン、この時こそ、まず最初に訪れた「双極性障害」の治療、この場合は、発症させないようにする、もしくは発症してもすぐに治療を行う準備をする機会だったといえます。

 Master Yodeの指摘は的を得ていました。しかし、残念なことに、これはAnakinのJedi入門テストでした。Jedi Councilメンバーは、ただForceの潜在能力を図ることのみに執着し、心理的な適正度や発達診断という全く異なる視点からのAnakinという人物の判断をしなかったのです。

 そして、このやり方こそがJedi Councilの硬直性、保守性を示すものであり、Lost Twentyを輩出する結果を生んだのでしょう。

 さらに付け加えるのであれば、Count DookuをDarth Tyranusに、AnakinをDarth Vaderに転身させる下地となったといえるのではないでしょうか。

 ある意味、AnakinもこのようなJedi Councilの硬直性、保守性の被害者ととることができるかもしれません。

 だからといってDarth Vaderへと転身し、残虐な行為をしたことが許されるわけではありません。ですが...Anakinの悲劇の出発点は、まさにこのシーンから始まってしまったと、筆者はそう思えてならないのです。

 さて、紆余曲折を経て、AnakinはついにPadawanとしてJediの修行を開始しますが、この修行は双極性障害の発症を予防するものであったのだろうか、筆者はむしろ、双極性障害を発症させる原因が潜んでいたのではないかと考えています。

 それは次章で述べていくこととしましょう。

 それでは

『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)


今回使用した画像ファイルはスター・ウォーズの鉄人!から転載させていただきました。

Star Warsと双極性障害 第3章

Star wars
01 /28 2013
A long time ago in a galaxy far,
far away…




Master Yode:Master Qui-Gon. More to say have you?

Qui-Gon Jinn:With your permission, my master. 
                  I have encountered a vergence in the Force.

Master Yode:A vergence, you say?

Mace Windu:Located around a person?

Qui-Gon Jinn:A boy. 
                  His cells have the highest concentration 
                  of midi-chlorians I have seen in a life-form. 
                  It is possible he was conceived by tha midi-chorians.

Mace Windu:You refer to the prophecy…of the one 
                  who will bring balance to the Force. 
                  You believe it’s this boy? 
                  I don’t presume to…

Master Yode:But you do. 
                  Revealed your opinion is.

Qui-Gon Jinn:I request the boy be tested, Master.

Master Yode:Oh? Trained as a Jedi you request for him, hmm?

Qui-Gon Jinn:Finding him was the will of the Force. 
                   I have no doubt of that.

Mace Windu:Bring him before us, then. 



(EpisodeⅠ 強いForceとの出会いの報告) 


 midi-choriansより創造されし者がForceのバランスをもたらすという伝説は、Jedi Orderに古くからある預言とされていました。

 Qui-Gon Jinnは、強力なForceを持つAnakinこそが伝説の者と思ったのです。が、Master Yodeはそれに疑問を持ちました。これは、決してQui-Gon Jinnに疑いを持った訳ではないと思います。

 Master Yodeが懸念したこと、それは強力なForceが必ずしもGood sideとは限らない、むしろDark sideの可能性の方が高いと、つねづね思っていたからでしょう。


さて、ちょっと前回述べたように、そもそもForceとは何でしょうか。

 ウィキペディアでは「JediやSithの超常的な能力の源」となっています。また、スターウォーズの鉄人では「形而学的、束縛的、普遍的な力」となっています。何らかの力ということは分かるのですが、あまりに抽象的すぎて、ちょっと分かりづらいと感じます。

 そして、何よりもmidi-choriansとForceとの関係がよく分かりません。一応、midi-choriansが多いとForceが強いという設定はあるのですが...

 Star Warsの原作本や資料に基づいた筆者の見解は、『Forceとは感情を通路してmidi-choriansから発現するもの』と考えています。

 そして、Dark sideのForceが、しばしばGood sideを凌駕するようになるのは、Dark sideのForceに通じる『怒り』『恐怖』という感情が、より原始的・根源的であるため、ということなのでしょう。

 EpisodeⅠの原作や様々な資料(スターウォーズの鉄人など)によると、新Sith Orderは、Jediの一部がGood sideよりも強力なForceをmidi-choriansより引き出すことができることを知りました。そして、初代Darth Ruinを含めた数人のJediがSithへと転身を図っています。

 midi-choriansより魂を錬成した賢者Darth Plagueisにとって、よりForceの強い魂をと求めるのであれば、魂の根源に『怒り』『恐怖』をより強く刷り込む方がいいはずです。そこにAnakinに双極性障害の遺伝的形質を持たせる一因となった、ということではないでしょうか。

 特に、双極性障害の躁病エピソードにおける〝感情爆発〟は大変都合がいいと思います。

 Darth Plagueisは意図的に付加ものなのか、それとも偶発的に負荷されたものなのか、それは現時点は判断できません。ただ、とても悲しいことに、よりForceの強い魂の錬成を追及された結果、Anakinは双極性障害の遺伝的形質を持つことが必然となったのはまちがいないでしょう。

 さて、ここで生じた双極性障害の遺伝的形質の付加がDarth Plagueisの意図したものなのかを検証が必要かもしれません。なぜなら、そこにAnakinが、双極性障害を治療する機会があったかどうかを検証できるからです。

 これは第4章で検証していくことにしましょう。

 それでは

『May the force be with us of Bipolar Disorder!』
  (双極性障害の我々が、フォースとともにあらんことを!)


デススター建造計画、マル秘情報を入手!

Star wars
01 /19 2013
 熱烈なStar Warsファンならば御存知とは思いますが。

「デス・スター建造請願に対し、ホワイトハウスが回答」
「英語版」はこちら

 このニュース、いかにもアメリカらしいと思います。

 雇用創出はアメリカのみならず、日本でも極めて重要な課題ですが、大変な予算をかけるよりは、むしろ、マンパワーの強化の方が重要ではないかと思います。

 そこで、筆者は靖国神社でお会いした安部首相に、国立ジェダイ大学(Jedi academy)の創設を要望しようと思います。

 技術大国日本の名のもとに再生を目指すということであれば、やはり技術のブルークスルーを担う人材の育成は不可欠でしょう。清廉潔白なJediの社会参加によって、今問題となっている企業のコンプライアンスの低下を食い止めることは大いに期待できると思います。

 ただ、1つ心配なのは、私利私欲に走るDark Jediの出現や、Dark sideの転落したSithを社長とするブラック企業が出てきた場合、どのように規制し、取り締まっていくか、ということでしょうか。

 アメリカのデススター建設のような公共投資による財政出動も、1つの手段ではありますが、見込まれるのは即効性のみであり、景気の下支えをすることはできないと思います。

 デス・スター建設に否定的回答をしたホワイトハウスも「もしもあなたが科学、技術、工学、数学関連の分野でキャリアを追求しているのなら、フォースは私達とともにあるでしょう。デス・スターの星を破壊する力も、フォースの前には取るに足らないということを思い出してください」 と述べており、Forceとともにある、Jediの人材育成の方が重要と暗に述べています。

 日本政府が、この要請に対し迅速に対応し、年内にも国立のJedi academy創設に向けた補正予算を組み、世界に先駆けたJediの育成機関の創設することを、筆者はただただ切望するばかりです。

 お後がよろしいようで...

クロサワウヅキ

性別:男
年齢:アラフォー

20代前半でForceに目覚める。
その後、SithのDark Lord〝Darth Ruin(Ⅱ)〟を襲名
というStar Warsのコアなファン

なお、メンヘルへの誹謗・中傷は許しません。